格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

東京(羽田)空港は何時から入れる?早朝や深夜利用時の注意と過ごし方

東京(羽田)空港は何時から入れる?早朝や深夜利用時の注意と過ごし方

東京(羽田)空港の早朝便や深夜便を利用する場合、気になるのが空港での過ごし方です。国内線・国際線それぞれの事情と、注意したいポイントを紹介します。早朝・深夜を空港で過ごす際の注意点を知り、トラブルなく過ごしましょう。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

羽田空港のオープン時間は何時から?

飛行機に搭乗する際は1時間前にチェックインを済ませておくのが理想ですが、朝5時や6時台の便を利用する場合はどうすれば良いのでしょうか。羽田空港の開館時間について、国内線・国際線それぞれの場合を見てみましょう。

羽田空港のオープン時間は何時から?

第1、第2ターミナルは原則5時から24時

羽田空港国内線の開館時間は、第1・第2旅客ターミナルとも、5時~24時までです。ただし発着ロビーはこの限りではないので注意しましょう。空港出発ロビーは最終便出発後、到着ロビーは最終便到着後に閉館されます。

国際線ターミナルは24時間立ち入り自由

一方、国際線ターミナルは24時間営業となっているため、どの時間でも立ち入りできます。深夜に到着して国内線ビルから締め出されてしまう場合は、国際線ビルに移動して夜を明かすという手段もあります。

24時間営業している店舗も豊富なので、食事やショッピングをしながら時間をつぶすこともできるでしょう。

出発時間までの過ごし方

羽田空港で早朝便を利用する場合、国際線ビルは24時間オープンしています。しかし国内線の場合は朝5時の開館となるため、空港に早めに行って待機、というのは難しいかもしれません。

国内線・国際線では、出発までの時間をどのように過ごせば良いのでしょうか。

出発時間までの過ごし方

24時間営業のレストラン

羽田空港国際線ビルには44もの飲食店がありますが、24時間営業のレストランは16店舗です。

一般エリアのレストラン8店舗、出国エリアも同様に8店舗あります。一般エリアではターミナルビル4階の『江戸小路』にある店がほとんどで、コーヒー、牛丼、ラーメンなどいろいろな味を楽しめます。

また、出国エリアでは3階112~114番ゲート付近にレストランが集中しています。こちらもカクテルバーやお好み焼き、うどんなどバリエーション豊かです。

第1ターミナル内にカプセルホテルがある

国内線第1ターミナル1階の到着フロアには、空港内カプセルホテル『ファーストキャビン』があります。

こちらはカプセルホテルとはいえ、飛行機の『ファーストクラス』がコンセプトの、おしゃれなデザイナーズホテルです。

女性エリアと男性エリアはきっちりと分かれているうえ、セキュリティカードをかざさないと出入りできないようになっています。

女性1人でも安心して利用できるうえ、お値段は5000円~と空港内ホテルにしては破格の安さです。

搭乗までの支度時間にも余裕を持てますし、国内線の場合、最も早いレストランでも開店するのは5時30分頃です。5時台や6時台の便に搭乗する人は早めに来ても利用できないため、空港内ホテルに宿泊すれば余裕をもって行動できるでしょう。

・ホテル名:ファーストキャビン羽田ターミナル1
・住所:東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル1F到着フロア
・電話番号:03-5757-8755
・チェックイン/アウト:19:00/10:00

深夜利用時の注意事項

羽田空港に深夜便で到着した場合、公共交通機関が利用できない場合があります。深夜に羽田空港を利用する際、どんなことに気をつけるべきでしょうか。

深夜利用時の注意事項

巡回バスは運行休止時間がある

深夜に国内線に到着してまった場合、24時間営業の国際線ビルへの移動を考える人も多いでしょう。しかし、ビル間を行き来する無料巡回バスは24時間営業ではないので、注意が必要です。

羽田空港では国内線第2ターミナル-第1ターミナル-国際線ターミナルという順にバスが巡回しています。第2ターミナルから国際線に向かう場合、最終便は24時50分、第1ターミナルからは24時55分です。

この便を逃すと、国際線までの交通手段はタクシーしかありません。

国内線と国際線間の距離2.8km、タクシーを利用した場合の料金は1200円程度必要となり、やや割高です。

スリや置き引きに注意

空港はパスポートや貴重品を持った旅行者が利用するため、スリや置き引きも発生しがちです。

終電終了後の便で到着した人はそのまま空港で夜を明かすことが多いため、深夜といえども空港内には多くの人がいます。旅行前・後の高揚感や疲れから注意が散漫になりがちですが、周囲の動向には十分な注意が必要です。

うとうとした隙に荷物がなくなっていたり、すれ違いざまに財布をすられたりすることがないよう、貴重品や大切な荷物はコインロッカーや24時間営業の荷物預け窓口に預けておきましょう。

まとめ

羽田空港国内線は朝は5時台から、深夜は午前2時台まで飛行機の発着があります。フライトのバリエーションが多いため利用には便利ですが、早朝便や深夜便を利用する際は、空港までのアクセスや過ごし方を考えておくことをおすすめします。

また国際線ビルを利用する場合は24時間営業のレストラン等もたくさんありますが、スリや置き引きトラブルには要注意です。

空港内での過ごし方に不安を感じる場合は前泊・後泊も検討し、負担のない旅行を心がけましょう。
トラベリストの旅コラムバナー