秋田行きの格安航空券・飛行機チケット・LCCの予約ならトラベリスト

秋田行き航空券を今すぐ検索

出発空港
到着空港
出発日
最安値を検索する
親切・丁寧なサポート体制!

秋田行きの航空券の出発地を選択する

秋田行きの便を運行している航空会社

  • JAL(日本航空) 秋田行き
  • ANA(全日空) 秋田行き

秋田行き格安航空券の最安値・相場

※弊社の予約実績を元に算出した値になります。
※実際の航空会社の最安値と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

秋田行きの格安航空券の、過去1年間の最安値を見ると「2018年09月」の「7,800円」が最安値となっていました。また最も値段が高騰した月は「2017年11月」の「18,500円」となっており10,700円の金額差が発生しています。

秋田周辺の観光スポットについて

千秋公園

千秋公園の写真

1

千秋(せんしゅう)公園は、江戸時代まで20万石の秋田藩主であった佐竹氏のお城「久保田城」の跡に造られた公園です。名前の由来は「秋田」の「秋」と長い繁栄を祈り「千」がつけられたといいます。この千秋公園は、桜の名所としても有名で「日本さくら名所百選」にも選ばれています。毎年桜の季節になるとソメイヨシノをはじめとする700本以上の桜を楽しむため、25万人もの人が千秋公園に訪れます。桜だけでなく、ツツジ、紅葉など一年を通じて市民の憩いの場として親しまれています。さらに、最近では初秋である9月の中旬に「千秋花火大会」が開催され、スターマインや尺玉、ナイアガラの滝など900発の花火が秋田市の夜空を彩ります。

Photo byJun K

赤れんが郷土館

赤れんが郷土館の写真

2

郷土館は「赤れんが館」「新館」「収蔵庫」の3つの建物から成っています。そのなかの赤れんが館は、もともと秋田銀行本店本館だった建物で、昭和60年に赤れんが郷土館としてリニューアルしたものです。国の重要文化財として、明治時代の貴重な建築様式があちらこちらで見ることができます。外観は、1階が白の磁器タイル、2階が赤れんがというツートンカラーのコントラストが目を引きます。内装もイギリス製の色タイルを使い、欅をふんだんに使った寄木板張り、ロココ調のシャンデリアや大天井には精巧に造られたレリーフが浮かび上がっています。威信をかけて造られた建造物であることがよくわかる、まるで建物自体が「芸術作品」のような赤れんが館です。

秋田県立美術館

秋田県立美術館の写真

3

エリアなかいちにあり、千秋公園の向かい側に立つ秋田県立美術館は、平成25年9月にオープンしました。1階は県民ギャラリーになっています。2階、3階は秋田県出身の資産家で美術品の収集家でもあった平野政吉美術館所蔵作品の展示室。そして世界を代表する画家、藤田嗣治による大壁画「秋田の行事」は、2階と3階のフロアに渡る圧巻の作品となっています。美術館の建物自体も大きな三角形の吹き抜けになったエントランスホールや支えや柱のない螺旋階段など、アート感覚が随所にあり、訪れる人の感性を刺激します。2階には、カフェ「光風」があります。大きな窓からは、目の前に広がる池とその奥の千秋公園が眺められ、四季折々の風情が楽しめます。

ポートタワーセリオン

ポートタワーセリオンの写真

4

秋田港にそびえる高さ143mのポートタワーセリオン。あまり高層ビルがない秋田市内では、ひときわ目立つシンボルタワーになっています。地上から100mのところにある展望室からは、日本海、男鹿半島、大平山、鳥海山など、ぐるりと見渡すことができます。こうした展望タワーは、有料のところが多いのですが、なんとポートタワーセリオンは無料開放されています。21時まで解放されているので、デートコースとして夜景を楽しんだりするカップルもたくさんいます。ポートタワーセリオンを中核として、道の駅「あきた港」、植物園、体育館などが併設されています。お天気のいい日には、目の前の海で釣りを楽しむ親子連れもいて、多くの人で賑わっています。

秋田城跡

秋田城跡の写真

5

秋田県護国神社の近くの高清水公園になっています。秋田城とはいっても、はるか古代の城跡です。「あきたじょう」ではなく正確には「あきたのき」と読みます。奈良時代から平安時代にあった城跡で、当時は、東北や北海道の政治を行う「国府」でした。さらに、当時のお隣の国「渤海国」との交易の窓口でもありました。秋田城は、東北全体の重要な拠点であったと思われ、規模もかなり大きなものだと推測されています。現在は東門、築地塀などの一部が復元され、そこから出てきた出土品などが秋田城跡歴史資料館に収められています。当時の土木技術や交易の品々など、興味深いものもたくさん展示されています。

Photo byあけび

太平山三吉神社

太平山三吉神社の写真

6

太平山三吉神社は、役行者小角(えんのぎょうじゃおづぬ)が創建とされている神社です。各地の三吉神社、大平山講、三吉講の総本宮ですが、地元では「みよしさん」「さんきちさん」と呼ばれ親しまれています。奥宮は秋田県のほぼ中央に位置する標高1,171mの大平山にあります。里宮は、秋田駅近くにあり、毎年1月17日に「梵天祭り」が行われます。この梵天祭りは別名「けんか梵天」といわれる奇祭です。社殿の正面入り口では、自分の梵天を守りながら他の梵天が先に行くことを妨害。先陣を争う荒々しい神事で有名です。ヒートアップして本気で殴り合いのけんかをします。観客も興奮気味で、さすが「勝負の神様」を祀るお祭りです。

秋田空港のお役立ち情報 市内へのアクセス方法

秋田空港総合案内
018-886-3368
秋田空港公式サイト
http://www.akita-airport.com/
秋田空港からの交通アクセス
電車
  • 男鹿駅まで:バス乗車、秋田駅にて男鹿線(男鹿行)乗車、約1時間50分
バス(エアポートライナー 要予約 電話018-867-7444)
  • 秋田駅まで約45分
  • 田沢湖まで約1時間30分
  • 乳頭温泉まで2時間10分
  • 秋田駅まで約30分

東北のその他の空港

人気の区間から格安航空券を探す

  • 札幌(新千歳)発
  • 羽田発
  • 成田発
  • 東京発
  • 名古屋(中部)発
  • 伊丹発
  • 関西発
  • 大阪発
  • 神戸発
  • 福岡発
  • 沖縄(那覇)発

全国の空港から格安航空券を探す

航空会社から格安航空券を探す

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空)
  • ピーチ(Peach)
  • ジェットスター(Jetstar)
  • バニラエア(Vanilla Air)
  • エアドゥ(AIR DO)
  • スカイマーク(SKYMARK)
  • スターフライヤー(Star Flyer)
  • ソラシド エア(Solaseed Air)
  • FDA(フジドリームエアラインズ)
  • 春秋航空日本(Spring Japan)
トラベリストの旅コラムバナー