格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

羽田空港から函館空港まで飛行機で移動。フライトスケジュールに注意

羽田空港から函館空港まで飛行機で移動。フライトスケジュールに注意

羽田空港から函館空港へと飛行機で移動する場合、気をつけておくべきなのはどのようなことなのでしょうか。運航している航空会社やフライトスケジュール、費用を抑える方法、検討しておきたいプランなど詳しく紹介します。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

羽田から函館は1時間30分弱

飛行機で移動を計画する際は、前後のスケジュール管理のためにも正確な所要時間を把握しておく必要があります。

羽田空港から函館空港へのフライト時間はおよそ1時間30分です。前後の移動時間をふまえた上で適切な便を選びましょう。

羽田から函館は1時間30分弱

JAL,ANA、エアドゥが運航

羽田-函館間の直行便を運航している航空会社は『JAL』『ANA』『エアドゥ』の3社です。

片道1日あたりJALが3本、ANAが3本、ANAとエアドゥのコードシェア便が2本運航しています。

料金を抑えるならエアドゥ

JALやANAに対し、エアドゥの運賃は比較的低料金に設定されています。JAL・ANAの羽田空港から函館空港の片道普通運賃は3万7890円ですが、エアドゥは3万1590円と、およそ6000円の差額があります。

よりお得なフライトを求めるのであれば、早期購入割引の利用がおすすめです。JAL・ANAともに21日前までの予約で1万8790円、75日前までの予約で1万1790円とお得な運賃設定になっています。エアドゥ利用の場合、21日前までの予約で1万6290円、75日前までの場合は9290円です。(※2018年10月時点)

75日前まで早期予約を利用することで、3社ともに2万円以上の割引となります。フライトの予定があるのなら、できるだけ早い時期に予約を済ませるようにすると良いでしょう。

本数が少なめの函館便。スケジュールに注意

羽田空港から函館空港へ向かう便は1日あたり7本と決して多くありません。利用する日の便数や運航スケジュールをあらかじめ確認しておきましょう。

本数が少なめの函館便。スケジュールに注意

最終便は17時台。便の間隔が数時間あくことも

羽田空港から函館空港へのフライトは、始発便がANAとエアドゥのコードシェア便による6時55分発8時15分着の便、最終便はJALの17時30分発18時50分着の便となっています。

そのほか6本前後が運航していますが、発着時刻には偏りがあり、複数の便が運航する時間帯もあればまったく運航のない時間帯もあるため注意が必要です。

札幌空港から乗り継ぎも可能

より時間を効率的に使うのであれば、羽田空港から函館空港への直行便ではなく、より運航便数の多い『札幌(新千歳)空港』からの乗り継ぎも検討してみましょう。

羽田空港から函館空港へのフライトが1日7便なのに対し、札幌空港へはおよそ60便前後とその運航便数には格段の違いがあります。

札幌空港から函館空港へは、ANAによって11時と16時の1日2本が運航されています。所要時間は約40分、運賃は1万1670円となっています。(※2018年10月時点)

また、いったん札幌駅へ出ることで時間と費用のロスを防ぐことができる場合もあります。新千歳空港から札幌駅へは、JRの快速エアポートの利用で37分、運賃は1070円です。

成田発LCCは格安で移動可能

よりお得な運賃での移動を目指すのであれば、成田空港発のLCC利用を検討してみましょう。

成田空港から函館空港へは、『バニラエア』が運航しています。15時30分発17時05分着の1日1便ではありますが、時期によって4980円~と格安の運賃で利用できるため、コストを重視するのであれば見逃せない路線といえるでしょう。

函館へ出発しよう

当日慌てることのないようにするためには、前もった準備が必要です。確認しておくべき点を整理しておきましょう。

函館へ出発しよう

出発ターミナルを確認

羽田空港国内線旅客ターミナルには、『第1旅客ターミナル』と『第2旅客ターミナル』の2つのターミナルがあり、利用する航空会社や行先によって使用ターミナルが変わります。

函館空港への便に搭乗する場合、JALを利用するのなら第1旅客ターミナル、ANAとエアドゥを利用するのであれば第2旅客ターミナルとなります。

両ターミナル間の距離は連絡通路で400mほどあるため、間違えることのないようあらかじめ確認しておきましょう。

冬場は悪天候による欠航に注意

航空機の運航は、気候や災害の影響などによる遅延・欠航が珍しくありません。とくに函館空港のような寒冷地の場合、冬場は悪天候の影響を受けてしまうこともあります。

出発地の天候が良好であったとしても、到着地が荒天である可能性も考えられます。出発前には運航状況のチェックを欠かさないようにしましょう。

函館空港公式HP:https://airport.ne.jp/

まとめ

羽田空港から函館空港への移動には、運航会社や経路などさまざまな選択肢があります。運航便数が少ない分、重視するポイントによって選ぶプランも大きく変わってくることでしょう。

フライトスケジュールや運賃を考慮した上で、ぜひ最適なプランを見つけてくださいね。
トラベリストの旅コラムバナー