格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

カート
お気に入り
point_icoポイント
カート
トラベリスト -TRAVELIST- 格安航空券の検索・予約
ゲストさん
会員ランク:なし
なし

羽田空港のANA便利用前にチェック。アクセス方法や過ごし方を紹介

羽田空港のANA便利用前にチェック。アクセス方法や過ごし方を紹介

羽田空港のANA便は、国内線、コードシェア便、国際線によってターミナルの場所が変わります。各ターミナルまでスムーズに移動するコツや、待ち時間を充実させる空港内での過ごし方を紹介します。

この記事は2018年10月17日時点の情報をもとに執筆しています。

ANA利用時の羽田空港へのアクセス

羽田空港には、第1ターミナル・第2ターミナル・国際線ターミナルの3つの旅客ターミナルがあり、利用する航空会社によって異なります。

一部例外もありますがANA国内線は、羽田空港の『第2ターミナル』が基本です。

ANA利用時の羽田空港へのアクセス

電車やバスなど公共交通機関が豊富

羽田空港までのアクセスは、電車やバスなどの公共交通が充実しており、利便性は良好です。

首都圏からは、直行のエアポートリムジンバス(東京空港交通株式会社)と京急バスが運行しているため、重い荷物があっても楽に移動ができるでしょう。

バスは、第1・第2・国際線の各ターミナルに停車します。万が一降車場を間違ってしまったら、ターミナル間の無料連絡バスを利用してください。

また、京急線や東京モノレールは、ターミナルの地下に直結しているため利便性は高いですが、乗車・下車時に確認しておくべきポイントがあります。

モノレールは第2ターミナルで下車

東京モノレールを利用の際は『羽田空港第2ビル駅』で下車しましょう。

モノレール浜松町駅から羽田空港第2ビル駅までの所要時間は、空港快速で18分、区間快速で21分、普通で24分です。

ホーム上には、出発便の搭乗口及び保安検査場を表示した『第2ターミナルフライトインフォメーション』が設置されています。

ホームに着いたら、自分が利用する航空機の保安検査場を確認して改札口に向かいましょう。

京急線は前寄りの車両が便利

電車の場合は、京急線に乗車し『羽田空港国内線ターミナル駅』を目指します。

乗車する際のポイントは『最前部の車両』に乗ることです。

羽田空港国内線ターミナル駅の両端には、それぞれANA(第2)とJAL(第1)に最も近い改札があり、ANAは先頭寄りの改札を通るとスムーズに移動できます。

京急線の後ろ寄りに乗車すると、JALに近くなり、駅に到着してから、ホームをかなり歩かなければならないため注意しましょう。

駐車場の利用法と注意点


羽田空港には、P1~P4までの4つの大型駐車場が完備されています。旅客ターミナルの車寄せレーンでの迎え、見送りは禁止されているので、必ず駐車場を利用しましょう。

P1・P2は第1ターミナル、P3・P4は第2ターミナルに近く、ゲート進入から30分までは無料で利用できます。

注意したいのが、ゴールデンウィークやお盆休暇、年末年始などの混雑状況です。近年は旅客が増加しており、駐車場の満車状態が多く発生しています。

繁忙期以外の平日であれば大きな問題はありませんが、心配な人は確実に定刻で到着できる公共機関を利用しましょう。

駐車場の利用法と注意点

ターミナルの間違いに注意

「ANA=第2ターミナル」とだけ覚えておくと、場合によってはターミナル違いで大移動を余儀なくされることもあります。確認しておくべき点は以下の2つです。

ターミナルの間違いに注意

スターフライヤー利用時

ANAはスターフライヤーと共同運航(コードシェア)をしています。

ANAの便名でスターフライヤーを利用する『福岡線・北九州線』は、第1ターミナルの『SFJカウンター』での搭乗手続きとなります。

くれぐれも第2ターミナルに行かないように注意してください。

国際線は国際線ターミナルへ

ANAを含め、国際線は全て『国際線ターミナル』からの発着です。

京急線の利用時は『羽田空港国際線旅客ターミナル駅』、東京モノレールの利用時は『羽田空港国際線ビル駅』で下車します。

出国ロビーは国際線旅客ターミナルの3Fです。

マイカーで来場する際は、国際線旅客ターミナルの大型駐車場を利用しましょう。入庫後30分間は無料で利用できます。

3000台と数が限られており、また有料となりますが、インターネットで駐車スペースを予約することも可能です。

搭乗前の過ごし方

搭乗前の時間は、のんびりと過ごすのもよし、ショッピングをするのもよし、楽しみ方はさまざまです。ANAならではの空港の過ごし方なども紹介します。

搭乗前の過ごし方

空港ラウンジでちょっと贅沢に過ごす

国内線の第2ターミナルには、空港によって提供されているエアポートラウンジが3つあります。

フリードリンク、Wi-Fi、新聞・雑誌が用意されており、出発前の時間が有効に活用できるでしょう。

座席数70席の『エアポートラウンジ(北)』には、シャワーブースが完備されているので、出発前にシャワーを浴びることも可能です。

また、国内線および国際線ターミナルには、一部のメンバーが利用できる『ANA SUITE LOUNG』があります。

ワンランク上の洗練された空間で、一部のラウンジでは軽食やアルコールも楽しめます。

仕切りのあるビジネスブースや、キッズスペースが設置されているラウンジもあり、多様なニーズに対応しているのが魅力です。

ANAフェスタで限定品の買い物

羽田空港内の第2ターミナル及び国際線ターミナルには、総合お土産店『ANAフェスタ』があります。

スタッフが厳選した地域のお土産や、オリジナル商品、飛行機グッズ、人気のスイーツなどを取り扱っており、ここでしか購入できない限定品にも出会えるでしょう。

ANAカードや株主優待券を持っていると、10%割引になる点も見逃せません。

まとめ

羽田空港でANAを利用する際は、自分がどのターミナルから入るのかをしっかりと把握しておきましょう。場所を間違えてしまうと、移動に時間がかかってしまいます。

早めに空港に到着し、ショッピングやラウンジでの優雅なひとときを楽しむのが理想です。
トラベリストの旅コラムバナー