格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

大阪(伊丹)空港から各都市へのアクセスを紹介。バスの活用がおすすめ

大阪(伊丹)空港から各都市へのアクセスを紹介。バスの活用がおすすめ

大阪(伊丹)空港はさまざまな国内便が発着する便利な空港です。アクセスが不便と言われることもありますが、バスなら直通で関西の各都市へ移動できます。詳しいアクセスの方法や新幹線との比較、運行時間などをまとめました。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

伊丹空港はアクセスが悪い?評判を検証

伊丹空港は大阪府豊岡市と兵庫県伊丹市の間にあり、どちらの都市にもアクセスしやすいメリットがあります。しかし、電車やバスでの移動なら大阪の主要駅まで40分ほどかかるため、アクセスが悪いと感じる人も多い印象です。

伊丹空港から各都市へ移動するには、どんな交通手段があるのでしょうか。評判と合わせて見ていきましょう。

伊丹空港はアクセスが悪い?評判を検証

新大阪に停まる新幹線と比較すると人気は低め

新幹線は、新大阪に停まります。大阪観光に訪れる人や、市内に住んでいる人はアクセスの良さから新幹線を選ぶケースも多いでしょう。人気の面では伊丹空港より、新幹線が上回っています。

新大阪駅から梅田駅までは地下鉄で6分と、大阪の中心部へもスムーズにアクセスが可能です。対して伊丹空港から梅田駅までは、ルートによってかわりますが30~50分かかります。

しかし、伊丹空港から東京へアクセスする場合、費用面では飛行機がお得です。新幹線の場合は自由席でも、大阪から東京まで1万3620円かかります。飛行機のように座りたいなら、さらに費用は高くなるでしょう。

対して、飛行機の場合は早めに予約すると1万円以下で羽田空港まで行くことができます。

各都市へバスでのアクセスが可能

伊丹空港から関西の各都市へは、電車やモノレールだけでなく『バスでのアクセスが可能』です。バスの場合は各駅まで直通で、乗り換えもなくスムーズに移動ができます。

長距離の場合は原則予約が必要ですが、飛行機を降りてから徒歩や乗り換えなどの手間をかけたくない人におすすめです。以下では、伊丹空港から各都市へのバスでのアクセスについて、詳しく説明していきます。

関西各都市へはリムジンバスがおすすめ

伊丹空港からの移動は、リムジンバスがおすすめです。途中で乗り換えなどが発生するモノレール、電車に比べて移動もスムーズに進みます。リムジンバスなら予約も不要で、空港内できっぷを買うだけで乗車が可能です。

では、各都市へのアクセスについて見ていきましょう。

関西各都市へはリムジンバスがおすすめ

大阪駅、梅田駅まで約30分

伊丹空港からリムジンバスに乗ると、大阪駅や梅田駅まで約30分で到着します。大人640円、子どもは半額で乗車できるため、費用面でも負担が少ないでしょう。駅前だけでなく、主要ホテルやビル前まで直通のバスも出ています。

大阪市内での観光や宿泊を考えているなら、気軽に利用できる交通手段です。

神戸三宮駅は約40分、京都は約55分

神戸や京都まで行きたい場合も、リムジンバスが利用できます。電車の場合はモノレール・阪急・JRと乗り換えが必要ですが、バスなら直通のため手間がかかりません。

電車では三宮駅まで約65分、京都駅まで約70分です。バスで移動できれば、時間も節約できます。三宮駅までのバス代は大人1050円、京都駅までは1310円です。

京都市内へは、同じ金額で四条河原町や市役所前まで乗車できるバスも出ています。

電車はモノレールから乗り換えが必要

伊丹空港から電車で各都市へアクセスする場合、まずは空港でモノレールに乗車します。モノレールに乗車してから神戸や京都、大阪市内へ移動したい場合は乗り換えが必要です。

阪急宝塚線は『蛍池』で乗り換えし、地下鉄御堂筋線の場合は『千里中央』で乗り換えます。阪急からJRへ乗り換えが必要になるエリアもあり、バスに比べて複雑です。

リムジンバスの運行時間に注意

リムジンバスを利用しようと考えているなら、運行時間はチェックしておきましょう。夜遅い便で到着する場合は、バスの運行が終了していることがあるためです。

伊丹空港は深夜の発着に対応していませんが、21時まではフライトがあります。場合によっては、バスの最終時間に間に合いません。

リムジンバスの運行時間に注意

運行時間外のアクセスはモノレールか車

伊丹空港から出ているリムジンバスは、関西国際空港行きを除いてほとんどが20時ごろで運行を終了します。遠方の場合は、さらに早いこともあるため、注意しましょう。

モノレールは23時まで運行しているため、バスがない時はモノレールか車を利用しましょう。空港内にはタクシー乗り場もあります。

なお、モノレールで移動し阪急や地下鉄に乗り換える場合には、電車の最終時間も確認しておくようにしましょう。

最終を逃したら空港内のホテルという選択肢も

大阪空港内には、ホテルも設けられています。ホテルは飛行機が到着する2F中央到着口から徒歩3分で、夜遅くの到着でも安心です。もし最終の電車やバスを逃した場合は、ホテルが空いていないか事前に確認してみましょう。

夜間に到着すると分かっている場合は、先に予約を取っておくのもおすすめです。空港内には食事ができるレストランも多く、コンビニなどの設備もあります。ラストオーダー22時のお店もあり、最終バスを逃した場合でも安心です。

なお、夜間はホテルまでの経路が異なりますので注意してください。23時30分以降は、モノレール大阪空港駅の改札からエレベーターなどを使い、郵便局の前を通ってホテルの入り口へ向かいましょう。

まとめ

伊丹空港からは、リムジンバスやモノレールで各都市へアクセスできます。不便と思われがちですが、目的地や予約日時によっては新幹線よりお得に移動が可能です。

国内線での移動を考えているなら、費用も安い飛行機を考えてみてはいかがでしょうか。
トラベリストの旅コラムバナー