格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

那覇(沖縄)空港にはターミナルが3つ!?それぞれの特徴&ターミナルで買えるお土産BEST5

那覇(沖縄)空港にはターミナルが3つ!?それぞれの特徴&ターミナルで買えるお土産BEST5

国内の旅行先の人気ランキングで1位の常連なのが、沖縄。 透き通った海や温暖な気候、都会とは違ったゆったりとした時の流れなど、沖縄はリゾート感を味わうには最適の観光地です。 そんな沖縄に旅行する際、必ず利用するのが那覇(沖縄)空港のターミナル。 出発前の時間を過ごす場所でもあるので、施設情報やおすすめポイントを知っておくと、より沖縄旅行が充実します。 本記事では、那覇(沖縄)空港のターミナルについて徹底的にご説明。チェックインカウンターはどこにあるのか、ターミナルで買えるおすすめのお土産はなんなのかをご紹介します。 那覇(沖縄)空港のターミナルも満喫して、沖縄に到着してから出発するまで楽しみ尽くしましょう。

この記事は2018年10月24日時点の情報をもとに執筆しています。

那覇(沖縄)空港にはターミナルが3つある!

那覇(沖縄)空港には国内線ターミナル、国際線ターミナル、LCCターミナルの3つがあります。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

国内線ターミナル
那覇(沖縄)空港の国内線ターミナルには、7社の航空会社が就航しています。

1階は到着ロビー、2階が出発ロビー、3階がチェックインロビー、4階がレストラン街。
ターミナルの中央には大きな吹き抜けのウェルカムホールがあり、開放感は抜群。

ウェルカムホールからは、那覇(沖縄)空港を離着陸する飛行機の姿が間近に見ることもできます。
3階には見学者デッキがあり、そこに通じる廊下にはギャラリースペースが設けられています。

常設ではないですが、写真や絵画があるので見てみてはいかがでしょうか?

国際線ターミナル
国際線ターミナルは国内線ターミナルの出口から、もしくは2階の連絡通路から約5分で行くことができます。

1階は到着ロビー、2階は出発ロビーと航空会社カウンター、3階がレストラン街、4階が見学者デッキ。
就航している航空会社は全部で20社あるので、混み合いがちなのが難点です。必ず時間に余裕を持って行きましょう。

チェックインカウンターには沖縄伝統の赤瓦が使用されており、沖縄感が満載です。

国内線ターミナルの見学者デッキは有料ですが、国際線ターミナルの見学者デッキは無料なので是非行ってみてください。

LCCターミナル
国内線・国際線でありながら、ピーチとバニラエアの飛行機はLCCターミナルに就航しているので要注意です。

LCCターミナルへは、那覇(沖縄)空港国内線ターミナルの1階にある4番バス乗り場から出発している専用のシャトルバス(無料)で行くことができます。

タクシーや自家用車では行くことができないので、注意してください。約10分間隔で運行していますが、飛行機の出発時刻前になると混雑するので時間に余裕を持って行きましょう。

LCCターミナルは1階のみ。同じフロアにチェックインカウンターや保安検査場、手荷物受取所などが集まっています。

那覇(沖縄)空港にはターミナルが3つある!

那覇(沖縄)空港のターミナルで買えるお土産BEST5

那覇(沖縄)空港には沖縄の名物が買えるショップがたくさん入っているので、「会社へのお土産を買い忘れた!」などの不測の事態が起きても安心です。

ここでは、那覇(沖縄)空港のターミナルで買うことのできるお土産を5つご紹介します。
できるだけ旅行中に持ち歩く荷物を少なくしたい、という場合は那覇(沖縄)空港のターミナルでお土産を揃えてしまうのもアリですよ。

①元祖紅いもタルト
沖縄土産の定番中の定番。1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

沖縄県産の紅芋100%でできているペーストは、濃厚でさっくりとしたタルト生地の相性は抜群。
モンドセレクションなど数々の賞を受賞していて、30年以上愛されているのも納得の味です。

②雪塩ちんすこう
琉球王朝の伝統菓子であるちんすこうと、宮古島の特産である雪塩を組み合わせた菓子。
ちんすこうの甘さを雪塩のしょっぱさが引き立てて、甘すぎないのが魅力です。

ほろほろとした食感は、ちんすこうならではですよ。

③ロイズ石垣島 チョコレート
北海道土産の定番である「ROYCE′(ロイズ)」の生チョコレート。そのロイズの姉妹会社がロイズ石垣島です。
黒糖や石垣の塩を利用したチョコレートはお土産にもぴったりです。

ロイズで人気のポテトチップチョコレートもあるので、もらって嬉しいお土産ですよ。

④琉球ガラス
こちらも沖縄土産の定番です。

色彩豊かな琉球ガラスは、食器以外にアクセサリーやキーホルダーにもなっているので気軽に購入できるのも嬉しいポイント。

那覇(沖縄)空港の国内線ターミナル2階に入っている「るりあん」には、明るい色の小物が多く置いてあるので見ているだけでも楽しいですよ。

⑤ホワイトタイガー
ホワイトタイガーは、沖縄の特産品の1つである泡盛。印象的なパッケージと、コクと旨味のある味わいが人気の秘密です。

ただしアルコール度数が40~43度あるので、強いお酒が苦手という方はホワイトタイガーを利用している「泡盛チョコレート」や「酒カステラ」がおすすめ。

まとめ

那覇(沖縄)空港にはターミナルが国内線・国際線以外にLCC専用のものもあるので、注意しましょう。ターミナルにある施設を知っておけば、那覇(沖縄)空港も観光スポットの1つになります。お土産情報などをチェックして、より充実した沖縄旅行を楽しみましょう。

まとめ

トラベリストの旅コラムバナー