格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

那覇(沖縄)空港で利用できるLCCをご紹介!どれくらい安いの?ターミナルが違うって本当?

那覇(沖縄)空港で利用できるLCCをご紹介!どれくらい安いの?ターミナルが違うって本当?

せっかくの沖縄旅行、「たくさん体験して、たくさん美味しいものを食べて、たくさんお土産を買いたい!」 という方は多いのではないでしょうか? そこで、節約できるのが航空券代。 近年は、サービスを簡素化することによって価格を抑えてたLCC(ローコストキャリア)が台頭しています。 もちろん那覇(沖縄)空港に就航しているものもあるので、本記事では那覇(沖縄)空港で利用できるLCCを徹底解説!大手航空会社と料金がどれくらい違うのか。 ターミナルが違う、という噂の真偽についても確かめていきます。 できるだけ航空券代を安く済ませたい方、LCCに興味がある方は必見ですよ。

この記事は2018年10月24日時点の情報をもとに執筆しています。

那覇(沖縄)空港で利用できるLCCは3社

那覇(沖縄)空港に就航している航空会社の中で、LCCなのはたったの3社。
ここでは、それぞれの特徴やおすすめポイントをご紹介します。

自分の旅のスタイルに合っているかどうかでお得感も変わるので、要チェックですよ。

ピーチ
日本で最初にできたLCC。運賃が3つのタイプに分かれており、自分に最適なパッケージを選べるのが特徴です。

受託手荷物の料金や、フライト変更の手数料などがタイプによって異なるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

また、機内販売が充実しているのもポイント。期間限定メニューなども販売しているので、何度乗っても新鮮さが味わえます。
さらに、無料の専用アプリで映画やドラマが見放題!長時間のフライトでも飽きること無く楽しめるのは嬉しいですよね。

バニラエア
リゾート地をメインに就航している航空会社。LCCといえば、
“サービスをできるだけカットすることで低価格を実現した航空会社”というイメージですが、

バニラエアはANAが100%出資しているのでサービスのクオリティが高いのが特徴です。
接客やサービスなどの目に見える部分以外はもちろん、管理体制もANAに倣っているので安心度が高く、LCCにハードルを感じている方におすすめ。

運賃は3つのタイプに分けられており、なんと保険付きの航空券もあります。
4人で乗れば10%オフ、などの他社にはないユニークな割引サービスもあるので、事前にチェックしておきましょう。

ジェットスター
LCCの中でも路線数が多い航空会社。座席の種類が3つあり、それぞれ値段が違います。
LCCは座席が狭いことがあるので、ランクアップしてゆったりとした座席でフライトを楽しむのもおすすめ。

機内販売が充実していて、期間限定で有名店とのコラボが楽しめる、なんてこともあります。
オリジナルグッズも購入できるので、思い出の品としてぴったりですよ。

那覇(沖縄)空港で利用できるLCCは3社

LCCは、大手航空会社より4万円安いことも!

それでは実際、大手航空会社とはどのくらい価格が違うのでしょうか?

バニラエアとピーチは就航している空港が違うため、2つ比較表を作成しました。
どちらの路線においても、LCCがとても安いということが分かりますね。

尚、割引サービスを受けずに航空券を購入したと仮定しての比較です。
シーズンや混雑状況などにもよって、価格は変動するので事前に確認しておきましょう。

羽田空港~那覇(沖縄)空港
・JAL(日本航空)・・・45,800円
・ANA(全日本空輸)・・・46,090円
・バニラエア・・・5,780円
・ジェットスター・・・24,290円

関西国際空港~那覇(沖縄)空港
・JAL(日本航空)・・・38,400円
・ANA(全日本空輸)・・・38,400円
・ピーチ・・・4,890円
・ジェットスター・・・22,290円

LCCは、大手航空会社より4万円安いことも!

那覇(沖縄)空港のLCCはターミナルが違う!

LCCのなかでもピーチとバニラエアは、那覇(沖縄)空港の国内線ターミナルとは違う場所にターミナルがあるので要注意。
ここでは、「那覇(沖縄)空港LCCターミナル」への行き方をご紹介します。

那覇(沖縄)空港に到着後、国内線ターミナル1階の外へ
国内線ターミナル1階の外にある、バス乗り場に向かいましょう。
そこで4番のバス乗り場へ。「那覇(沖縄)空港LCCターミナル行き」と書かれたシャトルバスが来たら、乗り込みましょう。

約5~10分で到着します。
4番には「あしびなー行き」のバスも止まるので、必ず行き先を確認してください。運転間隔は約10分です。

チェックイン
那覇(沖縄)空港LCCターミナルに着いたら、飛行機の出発時刻の25分前までにチェックインを済ませましょう。

予約時に取得したバーコードやスマホを自動チェックイン機にかざすか、予約番号を入力すれば完了です。

保安検査場で荷物チェック
次は、那覇(沖縄)空港LCCターミナル内にある保安検査場で、手荷物のチェックを受けましょう。
こちらは出発時刻の20分前に済ませておいてください。

搭乗待合室→ピーチに搭乗
荷物チェックが終わったら、搭乗待合室で待ちます。

那覇(沖縄)空港LCCターミナルには小さな売店しかないので、お土産探しを空港内でしようと思っている方は、
LCCターミナルに来る前に購入しておくのがおすすめ。出発時間前になったら、徒歩でピーチに搭乗しましょう。

まとめ

沖縄を安く楽しめたら、旅行がより素敵なものになりますよね。

今回ご紹介したLCCは、無料のサービスこそあまりありませんが、ただの移動手段として考えればかなり有能。
自分に合ったLCCを選べば、とても快適にフライトを楽しめます。

LCCを賢く利用して、沖縄を楽しむ予算を増やしましょう!

まとめ

トラベリストの旅コラムバナー