格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

伊丹空港から秋田空港への移動方法まとめ。フライト時間に注意

伊丹空港から秋田空港への移動方法まとめ。フライト時間に注意

伊丹空港から秋田空港への旅には、フライト時間の確認がポイントとなります。またチケットを購入する際も、ちょっとしたコツを知っていればコストを抑えられます。伊丹空港から秋田空港への旅がスムーズになる、役立つ情報を紹介します。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

伊丹から秋田までの所要時間は約1時間30分

伊丹空港から秋田空港までの飛行機での所要時間はおよそ1時間30分です。

秋田空港は秋田県秋田市にある空港で、秋田市街からは南東に20kmほど離れています。比較的小さな空港ですが、その分デッキと滑走路の距離が近く、迫力ある飛行機の発着陸を眺めることができます。

屋上デッキ正面には『太平山』、西北部には『男鹿半島(おがはんとう)』を臨むこともできるので、まずはここで秋田の絶景を堪能するのもよいかもしれません。

伊丹空港から秋田空港までのフライトについてみてみましょう。

伊丹から秋田までの所要時間は約1時間30分

運航はJALかANA

伊丹空港から秋田空港に乗り入れているのは、『JAL』と『ANA』の2社です。ともに 1日3便ずつ運航しており、始発はJAL、最終はANAによる運航便となっています。

スケジュール注意。日中のフライトは少ない

伊丹空港から秋田空港までは、『JAL』『ANA』合わせて1日6便の運航があります。しかし、日中のフライトに注目すると、JALの13時15分発の次はJALの16時15分発となり、14時台や15時台のフライトはありません。

日中のフライトを希望する人は早めの便にするか、夕方移行の便への変更が必要となるので注意しましょう。(※2018年10月現在)

格安航空券はある?料金を抑えて移動する方法

秋田空港までのチケット代を安く抑えたい人なら、格安航空会社LCCの利用も検討しているのではないでしょうか。

伊丹空港から秋田空港までをなるべく低コストで移動する方法をみてみましょう。

格安航空券はある?料金を抑えて移動する方法

LCCの運航はないが早期予約でお得に

伊丹空港にはLCCの乗り入れはないため、秋田空港までLCCの利用はできません。しかし、大手航空会社でも、早期割引購入サービスを利用すれば、航空運賃を安く抑えることは可能です。

早期割引購入サービスは、ANAなら『SUPER VALUE』、JALなら『先得』というプランが用意されています。

ANAは『21・28・45・55・75日前』、JALは『28・45・55・75日前』までの購入に割引が適用され、予約購入日が早いほど割引率は高くなります。

なるべく安くチケットを購入したい人は、早めに旅程を立てて搭乗便を決めましょう。ただし、1度予約すると変更はできないため、旅程がきちんと確定した時点での購入をおすすめします。

直前の予約なら新幹線の方が安い

早割が適用されない直前の予約の場合は、飛行機よりも新幹線の方が低コストとなります。飛行機を利用した場合、JALは3万7000円、ANAは3万460円です。(※2018年10月現在)

一方、新幹線を利用した場合の運賃は、2万6990円で、飛行機利用時より約1万円安くなります。

ただし、所要時間で見るなら飛行機が早いでしょう。飛行機ならフライト時間に搭乗・降機手続き時間や、秋田空港から市街地までの移動時間を考慮しても3時間30分程度です。

新幹線の場合は、東京駅で東北新幹線に乗り換える必要があり、トータルでは7時間程度かかることもあります。

コストを取るか時間を取るかで、旅のスタイルや旅程は変わります。メリット・デメリットを考慮してベストな選択をしましょう。

必要な情報を事前にチェック

伊丹空港から秋田空港までの移動には、頭に入れておきたいポイントがいくつかあります。事前に情報をチェックして、要所を迷う事なく移動しましょう。

必要な情報を事前にチェック

伊丹空港へのアクセス

伊丹空港へのアクセス方法には『バス』『モノレール』『車』『タクシー』が利用できます。このうち公共交通機関を利用するならバスかモノレールですが、より便利なのはバスでしょう。

『モノレール』は、新大阪や梅田といった主要駅とは繋がっていないため、乗りかえが必須です。これに対して『バス』は大阪市内の主要駅のほか、神戸や京都など遠方からも発着しており、乗り換えもなくスムーズに利用できます。

ターミナルと運航状況を確認

伊丹空港では、利用する航空会社によってターミナルが異なります。ANAは『南ターミナル』、JALなら『北ターミナル』での搭乗です。いずれも1階でチェックイン手続きを済ませたら、2階出発ロビーに向かい待機します。

また、搭乗予定便の運航状況については、空港HPから確認できます。時期やタイミングによっては、悪天候や整備不良等で遅延や欠航が発生するかもしれません。

旅行前にはターミナルと運行状況をこまめに確認し、いざという時には早めに対応できるようにしましょう

公式HP:https://www.osaka-airport.co.jp/

秋田空港から各地へのアクセス

秋田空港周辺に鉄道駅はないため、各地へのアクセスには車を利用することになります。空港からは『リムジンバス』のほか、『タクシー』や『エアポートライナー(乗合タクシー)』を利用できます。

『リムジンバス』を利用した場合、秋田駅西口まではおよそ35分、料金は930円です。『タクシー』の場合だと6230円かかることを考えると、コスト的にはバスの利用がベターでしょう。

また、秋田市内だけではなく、乳頭温泉や男鹿温泉郷などに向かうなら、『エアポートライナー』も便利です。こちらは乗り合いタクシーですが、前日17時までに予約をすれば、乳頭温泉・男鹿温泉郷ともに4000円です。

所要時間は、乳頭温泉130分、男鹿温泉郷には108分で到着予定です。秋田市内へ行く場合も1500~2500円なので、エアポートライナーの事前予約を検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

伊丹空港から秋田空港へは、JALかANAでのフライトとなります。ただし日中の運航便は少ないので、旅程を立てる際には注意が必要です。

コストを抑えるなら新幹線を利用する方法もありますが、所要時間が飛行機の倍はかかります。できるだけ早割を利用し、安い航空券を購入するのがよいでしょう。

旅行前には伊丹空港内のレイアウトや、秋田空港からのアクセス手段を把握しておくと迷わず移動できます。

旅がスムーズに運ぶよう、有益な情報を整理しておきましょう。
トラベリストの旅コラムバナー