格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

新千歳(札幌)空港から中標津までの行き方。飛行機なら早期予約がお得

新千歳(札幌)空港から中標津までの行き方。飛行機なら早期予約がお得

『新千歳(札幌)空港』から『中標津(なかしべつ)』までは、バスや車で行くこともできますが、『中標津』には空港があるので、飛行機での移動も可能です。『新千歳(札幌)空港から中標津』までのフライト情報、またバスで行く方法も紹介します。

この記事は2018年10月24日時点の情報をもとに執筆しています。

新千歳(札幌)空港から中標津まで飛行機で行く

開陽台展望館や摩周湖・ミルクロードといった観光スポットのある『中標津』には、『根室中標津空港』があります。新千歳(札幌)空港からなら所要時間は約50分です。

飛行機を利用することで、移動時間を大幅に短縮できます。

新千歳(札幌)空港から中標津まで飛行機で行く

直行便はANAのみ、1日3便運航

『新千歳(札幌)空港』から『中標津』への直行便はANAのみです。1日3本のみの運航で、出発時刻は8時台・12時台・16時台です。

ANAスーパーバリュー料金なら7000円台で行ける

ANAの早期予約割引『スーパーバリュー』を利用すれば、航空券を安く購入できます。

新千歳(札幌)空港から根室中標津空港までの航空券を見てみると、片道料金は通常2万円を超えますが、早期予約することで1万以下にまでおさえることが可能です。

75・55・45・28・21日前の早期割引があり、早く予約することで、料金の割引も大きくなります。旅行の日程が決まったら、早めに航空券を予約するようにしましょう。

中標津空港は羽田空港からの直行便あり

中標津空港は、新千歳(札幌)空港以外にも『羽田空港』からのフライトがあり、ともに運航会社はANAです。

中標津空港から羽田空港への直行便は、1日1本、出発時刻は14時35分で、所要時間は1時間50分です。

羽田空港から中標津空港までの便も、12時15分発の1本のみとなっています。所要時間は10分短い、1時間40分ほどになっています。(2018年10月現在)

フライト時刻などは、時期によって異なりますので、きちんと確認してから予定を立てるようにしましょう。

公式HP:https://www.nakashibetsu-airport.jp/

新千歳(札幌)空港から中標津までバスで行く

次に、新千歳(札幌)空港から中標津まで、バスで行く方法も見てみましょう。

新千歳(札幌)空港から中標津までバスで行く

札幌発の直行夜行バスが1日1便運行

『札幌』から『中標津』までは、高速夜行バス『オーロラ号』が運行しています。終点は『根室』です。

冷暖房完備はもちろん、トイレもついており、スリッパ・毛布・おしぼりのサービスもあります。

長時間移動を夜にすませて時間を有効活用

1日1便の『オーロラ号』は、夜遅くに出発し、早朝に目的地に着くので、移動中のバス内で眠ることができ、時間を有効活用できます。所要時間は6時間45分ほどです。

札幌『大通りバスセンター』の出発時刻は、22時30分で、目的地『中標津バスターミナル』には、朝5時15分ごろに着きます。

また、帰りの『中標津トーヨーグランドホテル』からは、22時40分に発車し、『札幌駅前』に着くのは朝6時20分ごろです。

往復チケットがお得

『オーロラ号』の運賃は、片道7400円です。往復だと1万3400円と、1400円もお得です。

帰りもバスで移動する予定なら、はじめに往復チケットで購入するとよいでしょう。

公式HP:http://www.busnavi-hk.jp/route/aurora.html

日中移動ならスターライト釧路号を利用

新千歳(札幌)空港と中標津間を、日中にバス移動するなら、高速バス『スターライト釧路号』を利用しましょう。乗り換えは2回、所要時間は約9時間です。

まず、『新千歳(札幌)空港 国際線ターミナル 65番のりば』から空港連絡バス『北都交通 大谷地駅(大谷地バスターミナル)行』に乗ります。

34分ほど乗車し、『大谷地駅(大谷地バスターミナル)』停留所で下車し、5番のりばに移動します。

そこから高速バス『スターライト釧路号 釧路行』に乗ります。4時間37分ほどで、『釧路駅前』に到着するので、再び下車し、阿寒バス『釧路標津線』に乗り換えましょう。2時間5分ほどで目的地『中標津バスターミナル』に到着です。

中標津空港から主要観光場所へのアクセス

『中標津空港』周辺には、主要観光スポットが複数あります。『中標津空港』から移動する場合、レンタカーを借りて観光しながら移動するのもおすすめです。

中標津空港から主要観光場所へのアクセス

知床岬や摩周湖、養老牛温泉に行ってみよう

オホーツク海に面する『知床岬』や、世界で2番目に透明度の高い湖『摩周湖』・季節により桜や紅葉が楽しめる『養老牛温泉』などは、『中標津空港』周辺にある観光場所で、車で移動しても、長時間かかりません。

『知床岬』は空港から約87kmの距離にあり、車で移動する場合の所要時間は約90分です。

『摩周湖』は空港から約63km、車での所要時間は約70分、『養老牛温泉』は、空港から約92kmあり、所要時間は車で約100分です。

まとめ

『中標津』には空港があるので、『新千歳(札幌)空港』からの移動は、飛行機が便利です。他の移動手段よりも時間を短縮でき、約50分で到着できます。

航空チケットは、ANAの早割『スーパーバリュー』を利用して、安く購入するのがおすすめです。

また、『札幌』から『新千歳(札幌)空港』まで夜間高速バスに乗り、時間を有効に使って移動するのもよいでしょう。

『中標津空港』からはレンタカーを利用すれば、近隣の観光スポットを見てまわることも可能です。
トラベリストの旅コラムバナー