利尻行きの格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

利尻行き航空券を今すぐ検索

出発空港
到着空港
出発日
最安値を検索する

利尻空港行きの飛行機

利尻空港は、北海道利尻富士町にある空港です。1962年、北海道初の離島空港として開港。1999年には滑走路を延長してジェット機の離着陸ができるようになりました。利尻島は、「利尻富士」と呼ばれ親しまれる利尻山や、天然記念物に指定されているチシマザクラの群生地などが有名。全島が利尻礼文サロベツ国立公園に属し、豊かな自然に囲まれています。

利尻空港行きの国内線は、以下の通り、国内各地から運行しています。

日本国内の主要空港:札幌(新千歳)

利尻空港に就航しているのは、国内線のみ。丘珠空港との間に定期便が運航しているほか、季節運航ではありますが、新千歳空港線も就航しています。

利尻行きの航空券の出発地を選択する

主要空港から利尻空港の飛行時間は?

  • 丘珠 - 利尻 間のフライトの飛行時間約55分

主要空港から利尻空港の早い便・遅い便は?

  • 丘珠 - 利尻 間の一番早い便の出発時刻は13:45、一番遅い便の出発時刻は13:45です。
  • ※トラベリストの検索データ(2018/11/01~2018/11/15)から計算しています

利尻行きの便を運行している航空会社

  • JAL(日本航空) 利尻行き
  • ANA(全日空) 利尻行き

利尻行きの便は2社から選択可能です!

トラベリストで取り扱っている利尻空港行きの国内線航空会社は2社です。 JAL(日本航空)が、丘珠空港線を運航しています。一方、季節運航の新千歳空港線は、ANA(全日空)の運航です。

利尻行き格安航空券の最安値・相場

※弊社の予約実績を元に算出した値になります。
※実際の航空会社の最安値と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

最安値は2019年06月度の11,370円~、最高値は2019年07月度の22,570円~

年間の平均相場は13,865円となり、利尻行きの航空券は、1年を通して変動が起きにくくなっています。年末年始やゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィークなど、需要が増す大型連休を避けることで、比較的リーズナブルに航空券を購入できる可能性があります。

利尻空港行きの格安飛行機チケットをお求めならトラベリストで!

利尻空港行きの格安航空券をお求めならトラベリストの検索機能をご利用ください。トラベリストはレガシーキャリアのJALやANA、LCCのジェットスターやピーチ、バニラエア、レガシーキャリアとLCCの中間に位置付けられているスカイマークやエアドゥ、スターフライヤーなど、国内線を運行している11の航空会社の運賃を一気に比較し、希望の格安航空券をそのまま予約・購入ができる大変便利なサービスです。

その他、ホテル予約も受け付けており、航空券とホテルをセットで予約することで、バラバラで購入するよりもお得になるサービスを実施しています。最大航空券代金分が安くなる組み合わせもあるので、是非セット割りのご利用をお勧め致します!利尻空港行きのフライトをご予約いただけます。

トラベリスト比較

利尻周辺の観光スポットについて

利尻島

利尻島の写真

1

利尻島は、火山の利尻山があることで有名な、北海道の北部に位置している島です。自然の造形とは思えないほど、美しい円形の形をしています。町の名前は利尻富士町があり、利尻町の2つの町から成ります。現在は、約5,400人が生活している利尻島のほとんどが、利尻礼文サロベツ国立公園になっており、様々な種類の高山植物を見ることができます。人気で有名な食べ物は、高級食材の利尻昆布です。観光で訪れる際は、利尻山を大パノラマで鑑賞しながら、利尻昆布をお土産で購入するのも、楽しい旅の醍醐味です。ドライブで島を一周巡りますと、約1時間~1時30分で観光することができます。春から秋の季節は、トレッキングや登山もおススメです。山頂では、雲海の景色にも出会えることがあります。

Photo byKentaro Ohno

ペシ岬展望台

ペシ岬展望台の写真

2

ペシ岬展望台は、北海道利尻富士町の鴛泊港の北側、岩山の岬の先端にあります。この場所から眺められるのは、礼文島や利尻山、北海道本島です。地元の人からは「灯台山」と呼ばれ、親しまれています。岬には遊歩道があり、右側のルートを行きますと、傾斜が緩やかで、子供も大人も比較的楽に登れます。左側のルートを行きますと、傾斜がありますので、体力がある人におススメのコースです。展望台の頂上には、約20~30分で辿り着きます。岬頂上に辿り着いたら、展望台に上ってみましょう。目の前に美しい絶景が広がります。早朝より動ける人は、朝日を眺めるのにとても良い観光スポットになっています。足場が良くない道もありますので、運動靴で訪れるのがお勧めです。

Photo byhouroumono

利尻山 (利尻富士)

利尻山 (利尻富士)の写真

3

利尻山 (利尻富士)は、約20万年前の火山活動で形成された山で、現在の姿になったのは約4万年前頃です。8千年~2千年前頃に、火山活動を休止し噴火することは無いので、現在は安全に登山することができます。登山の道は2つあり、北峰と南峰があります。南峰は崩壊でやや危険な道もるので、初心者は北峰がお勧めです。西壁・東壁・南稜・仙法志稜は、ロッククライミングを楽しめます。登山道コースは3コースあり、鴛泊コース・沓形コース・鬼脇コースがあります。人気があるのは鴛泊コースで、名水百選に指定された湧水「甘露泉水」があり、乾いた喉を潤して、美しい自然を満喫することができます。利尻礼文サロベツ国立公園があるので、高山植物を鑑賞するのもお勧めの過ごし方です。

Photo byHiroki Yoshida

オタトマリ沼

オタトマリ沼の写真

4

オタトマリ沼は、沼浦湿原の中にあり、約7000年前以前のマグマ蒸気爆発により火口跡に水が溜まって、約4000年前頃に形成されたと言われている沼です。オタトマリの言葉はアイヌ語で、「砂のある入江」という意味より、沼の名前がつけられています。沼周囲は約1kmあり、遊歩道になっています。一部分道が舗装されていない箇所もありますが、湖畔の景色を眺めながら、ウォーキングを楽しむことができます。遠景には、美しい利尻山 (利尻富士)も見えます。沼周辺はアカエゾマツの原生林ですが、島の固有種の植物、「リシリアザミ」の鑑賞もお勧めです。売店やお食事処がありますので、お土産を購入したり、休憩しながら食事をするのに最適な観光スポットになっています。

Photo byhouroumono

姫沼展望台

姫沼展望台の写真

5

姫沼展望台は、鴛泊港やペシ岬が見える展望台です。天気が良いと、遠くの景色の眺望を楽しむことができ、美しい利尻山や離島の礼文島、サハリンを見ることができます。無料の駐車場がありますので、108号線をドライブしながら、立ち寄ってみるといいでしょう。観光バスもとまっている、観光コースになっています。姫沼までは少し距離がありますので、沼を見られるわけではなく、海の景色を楽しめる場所です。旅行の記念撮影をするのに、最適なスポットになっています。姫沼に行く途中にある展望台なので、ぜひ姫沼に足を延ばしてみましょう。姫沼は一周800mの沼で、約20分で散策することができます。利尻富士の写真を撮影するのに、ベストショットが撮れる場所として人気です。

Photo byhouroumono

利尻富士利尻自転車道

利尻富士利尻自転車道の写真

6

利尻富士利尻自転車道は、約25kmのコースを楽しめる、利尻礼文サロベツ国立公園の北側に位置している道です。このコースを走るだけでいろんな景色を楽しむことができます。出発点は野塚展望台で、日本海を眺めながら走ります。所々にはトイレもありますので、休憩しながら心地よい運動にもなります。富士見休憩所を通過して、湾内大橋を通り、富士岬駐輪公園を目指しましょう。その先は大磯駐輪・駐車公園、種富駐輪・駐車公園へ向かいます。利尻町運動公園駐輪場が終着点になります。湾内大橋より鷲泊港が眺められ、富士野駐車場から綺麗な利尻富士を見ることができます。初夏の季節には高山植物を鑑賞、その他にも美しい自然や海風を感じながらサイクリングを楽しめます。

Photo bySatoshi KINOKUNI

利尻の関連情報ページへ

利尻空港周辺のホテル情報

利尻空港周辺のホテル予約をするならトラベリストのホテル予約をご利用ください。
利尻のホテル予約をするならトラベリストのホテル予約をご利用ください。

利尻富士町周辺のイベント情報

2月・・・りしり寒歓まつり・雪ん子広場(利尻富士町)
6月・・・利尻島悠遊賢人G<ゆうゆうランニング>(全島)、利尻島内神社祭(全島)
8月・・・北海島まつり(利尻富士町)、利尻浮島まつり(利尻町)、利尻島一周ふれあいサイクリング (全島)

利尻空港のお役立ち情報 市内へのアクセス方法

利尻空港総合案内
0163-82-1269
利尻空港公式サイト
http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/town/rishiriairport_top.html
利尻空港からの交通アクセス
島内の主な移動手段はレンタカー・ハイヤーとなります。
  • オリックスレンタカー利尻カウンター 0120-24-0543
  • トヨタレンタカー利尻 01638-9-2300
  • トヨタレンタカー利尻空港受付カウンター 01638-2-1100
市街地まではバスが運行しています。
  • 利尻富士町市街まで約10分

利尻観光に必須!レンタカーを借りよう

ターミナルの1階には、レンタカーオフィスがあります。利尻の雄大な自然を体感するには、レンタカーは必須アイテム。通年で利用できる「トヨタレンタリース」、8月のみ営業の「まごころレンタカー」、4月下旬から10月まで利用可能な「ニッポンレンタカー」の3社から選べます。

空港カフェで楽しむ、喫茶と「昆布ラーメン」

ターミナル2階のカフェ「RISHIRI(利尻)」。コーヒーや紅茶はもちろん、カレーライスにチャーハン、ピラフなど軽食も揃っています。利尻に来たなら、ぜひ食べてみたいのが、「昆布ラーメン」。利尻昆布の名産地ならではの、旨みたっぷりのラーメンです。夏期限定で、生ビールやソフトクリームも味わえます。

雄大な眺めにうっとり!送迎デッキ

利尻空港送迎デッキの売りは、なんといっても眼前にそびえ立つ利尻富士!ターミナル2階に位置し、滑走路と雄大な山の景色を独り占めできるスポットです。また、屋内にも展望ホールがあるので、寒い時期も安心。20倍という本格的な望遠鏡も、無料で利用できます。

旅のことなら、観光案内所!

利尻島を観光するのなら、地元住民の手ほどきを受けるのが一番。ターミナル1階の観光案内所では、施設の案内のほか、島内の観光情報を提供しています。開設されるのは、6月1日から9月30日まで。交通手段やとっておきの見どころなど、旅の前に情報収集しておきましょう。

北海道のその他の空港

周辺観光情報

見返台園地・・・利尻空港から車で75分。利尻富士の5合目にある駐車場から、100段の階段を上ると展望台が。そこには絶景が待っています。
姫沼・・・利尻空港から車で30分。豊かな原生林に囲まれた神秘的な沼。条件が揃えば「逆さ利尻富士」を望めます。
利尻富士温泉・・・利尻空港から車で10分。1996年に湧出した、日本最北の温泉。日帰り入浴が可能です。満天の星空を観られる夜の利用もおすすめ。
オタトマリ沼・・・利尻空港から車で40分。利尻富士をバックに、日本最北の赤エゾマツ原生林が広がる湖。7月にはエゾカンゾウなどの「原生花」も楽しめます。

人気の区間から格安航空券を探す

  • 札幌(新千歳)発
  • 羽田発
  • 成田発
  • 東京発
  • 名古屋(中部)発
  • 伊丹発
  • 関西発
  • 大阪発
  • 神戸発
  • 福岡発
  • 沖縄(那覇)発

全国の空港から格安航空券を探す

航空会社から格安航空券を探す

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空)
  • ピーチ(Peach)
  • ジェットスター(Jetstar)
  • バニラエア(Vanilla Air)
  • エアドゥ(AIR DO)
  • スカイマーク(SKYMARK)
  • スターフライヤー(Star Flyer)
  • ソラシド エア(Solaseed Air)
  • FDA(フジドリームエアラインズ)
  • 春秋航空日本(Spring Japan)
トラベリストの旅コラムバナー