格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

新千歳(札幌)空港温泉は癒しの休憩所。早朝深夜利用も食事もできて万能

新千歳(札幌)空港温泉は癒しの休憩所。早朝深夜利用も食事もできて万能

新千歳(札幌)空港温泉は、空港にある温泉というユニークな施設です。立ち寄り湯はもちろん、宿泊も可能で、23時間営業ととても利用しやすくなっています。温泉以外にも、岩盤浴やボディケア、遊処も充実しています。新千歳(札幌)空港温泉の魅力を紹介します。

この記事は2018年10月24日時点の情報をもとに執筆しています。

空港直結、新千歳(札幌)空港温泉へ行こう

『新千歳(札幌)空港温泉』はその名の通り、空港内で利用できる温泉施設です。

空港内にありながらも、設備は通常の温泉施設と全く変わりありません。露天風呂から内風呂、サウナや岩盤浴まで楽しめます。

食事も、定食から海鮮丼など幅広く選ぶことができ、宿泊サービスもあります。アメニティも充実しており、ふらっと立ち寄って温泉を楽しむことも、しっかり泊まって疲れをとることもできる、魅力的な施設となっています。

空港直結、新千歳(札幌)空港温泉へ行こう

場所は新千歳(札幌)空港4階

場所は、新千歳(札幌)空港の国内線ターミナルビル4階『オアシスパーク』にあります。

向かいには映画が楽しめる『ソラシネマちとせ』もあり、のんびりと過ごすには最適なフロアです。

深夜早朝利用もできる23時間営業

空港ターミナルビル内にある施設のほとんどは、飛行機の最終便の時刻や、ターミナル閉館に合わせて営業終了となっています。

しかし、新千歳(札幌)空港温泉の営業時間は、23時間営業となっています。深夜早朝関係なく、1日中自分の好きなタイミングで利用できるため、非常に便利です。

深夜早朝利用もできる23時間営業

ターミナルビル閉館後も利用可能

新千歳(札幌)空港温泉は、午前10時から翌朝9時まで利用できます。入浴の受付時間は7時30分まで、入浴は朝8時まで可能です。

新千歳(札幌)空港ターミナルビルが閉館した後でも、新千歳(札幌)空港温泉の利用は可能ですから、ターミナルビルを満喫した後に、ゆっくりと立ち寄ることができます。

時間帯で異なる利用料金をチェック

入館料は、大人1500円・子供800円・3歳から未就学児までの幼児は600円の料金設定となっています。これは、入浴料をはじめ、浴衣やタオルのレンタルなど、必要なものをすべて含んだ料金です。

深夜1時以降の利用の場合は、深夜料金が別途加算されます。通常の入館料と同額が深夜料金となっているので、深夜の利用では大人3000円・子供1600円・3歳から未就学児までの幼児は1200円となっています。

午前5時から8時までの短時間の利用は、少し安い朝風呂料金が設定されています。大人800円・子供と幼児は400円です。ただし、浴衣やタオルのレンタルが無い料金設定のため、必要な場合は追加で400円かかるので注意しましょう。

深夜利用時は朝食無料サービス付き

先に紹介した深夜料金は、通常よりも高い料金設定となっていますが、代わりに朝食の無料サービスが付いています。

ゆっくりとくつろいだ後は、朝ご飯を食べてしっかりと元気をチャージしましょう。

新千歳(札幌)空港温泉には泊まることもできる

新千歳(札幌)空港温泉は、立ち寄り湯だけではなく、宿泊することもできます。価格も非常にリーズナブルで、温泉や朝食もセットです。

なんといっても、新千歳(札幌)空港の利用には抜群の利便性ですから、温泉に宿泊することも検討してみると良いでしょう。

新千歳(札幌)空港温泉には泊まることもできる

無料休憩所以外に、予約制の客室あり

新千歳(札幌)空港温泉には、『無料休憩所』と『予約制の客室』があります。

館内5階にあるある無料休憩所の『リラックスルーム』は、ゆったりとしたリクライニングの椅子に、1人ずつ小型テレビが設置されています。同タイプの女性専用リラックスルームもあるので、女性客でも安心して利用できます。

『予約制の客室』は4階にあり、すべての部屋が定員2名の洋室ツインルームです。2名で利用すると、1人分の料金は5000円、1名で利用すると料金は7000円となります。

チェックインは17時から、チェックアウトは翌朝9時となっており、朝食無料サービス付きです。

さらに、温泉の入館料と浴衣やタオルのレンタル料、深夜料金もすべて含んでいるため、非常にお得な内容です。

ボディケアや岩盤浴で旅の疲れを癒そう

館内には、筋肉のコリをほぐす『ボディケア』や、オイルを使った『バリニーズエステ』『タイ古式セラピー』など、女性が嬉しいリラクゼーションサービスが用意されています。営業時間は10時から23時までと、とても利用しやすくなっています。

岩盤浴は5階にあり、それぞれのコンセプトごとに内装が異なる3室が用意されています。

青を基調としてリラックス効果を促進する『翡翠房 碧』、発汗にこだわった『岩盤房 橙』、森林浴のように爽やかな空間『森林房 翠』など、どれも使用している岩盤や岩塩が異なり、その効果はさまざまです。

新千歳(札幌)空港温泉で、搭乗までの時間調整も

新千歳(札幌)空港温泉には、温泉やサウナだけでなく、遊べる施設も備えられています。温泉の利用後、搭乗までの時間調整のために利用するのにもちょうど良いでしょう。

新千歳(札幌)空港温泉で、搭乗までの時間調整も

ゲームプラザや読書処など、遊処もあり

施設4階には『ゲームプラザ』や『ネットコーナー』のほか、テレビも備え付けられている座敷の『貸部屋』があり、5階には『読書処』があります。

ゆったりと読書を楽しんだり、子ども連れならゲームや貸部屋を利用したりと、温泉の利用以外にも思い思いに過ごすことが可能です。

公式HP:http://www.new-chitose-airport-onsen.com

まとめ

新千歳(札幌)空港温泉は、空港内にある温泉という非常にユニークな施設です。ターミナルビル内にあり、営業時間も長いため、時間を気にせず気軽に立ち寄り湯が可能です。

さらに、宿泊サービスも充実しており、宿泊先のひとつとして選択肢に入れても良いでしょう。ボディケアや岩盤浴、遊処もあるので、老若男女問わず、幅広い客層に喜ばれる施設です。
トラベリストの旅コラムバナー