格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

福岡空港のラウンジを活用しよう。無料利用資格やシャワー有無を確認

福岡空港のラウンジを活用しよう。無料利用資格やシャワー有無を確認

福岡空港は国内有数の広さを誇り、ラウンジも豊富です。座席のグレードや、航空会社・クレジット会社の会員ランクによって、利用可能なラウンジの種類とサービスの内容は異なります。空港内のラウンジと提供しているサービス、利用資格をまとめました。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

福岡空港のラウンジを利用しよう

空港にあるラウンジは、フライトを控えた人が利用できる、さまざまなサービスを備えた施設です。

広々とした福岡空港には、国内線・国際線ターミナルそれぞれに、いくつものラウンジがあります。事前に場所を確認して、スムーズに利用しましょう。

福岡空港のラウンジを利用しよう

国内線に4カ所、国際線に3カ所

福岡空港国内線ターミナルビル内にあるラウンジは、提携しているカード会員が利用できる『くつろぎのラウンジTIME』、航空会社が運営している『JALラウンジ』『ANAラウンジ(北)』『ANAラウンジ(南)』の4カ所です。

国際線ターミナルビル内のラウンジは、カードラウンジである『ラウンジTIMEインターナショナル』、空港会社が運営する『ラウンジ福岡』『KALラウンジ』の3カ所です。

ラウンジを探して歩き回ることが無いように、利用予定の人は事前にフロアマップを確認しておくとよいでしょう。

福岡空港の各ラウンジの場所と利用方法、サービスは下記の公式WEBサイトから確認できます。

公式HP:http://www.fuk-ab.co.jp/viproom_lounge.html

一般有料ラウンジは見送りの人も利用可能
一般有料ラウンジは、航空券を持っていない人でも利用できます。フライトを控えた人と、見送りのために空港まで来た人が、くつろぎながら一緒に時間を過ごすことができます。

支払いは現金のほか、クレジットカードや電子マネーも利用可能です。

各ラウンジの利用資格や設備をチェック

各ラウンジは、運営が異なるため、提供しているサービスや設備もそれぞれ違います。会員のグレードによっては、ワンランク上のサービスが受けられたり、無料で利用できたりするラウンジもあります。

各ラウンジの利用資格や設備をチェック

ANAラウンジは2階に2カ所

福岡空港内の『ANAラウンジ』は、国内線ターミナルビルの2階、北側と南側の2カ所にあります。

南側のラウンジは、搭乗待合室内の6番ゲートと7番ゲートの間にあります。北側のラウンジは、同じく搭乗待合室内の、4番ゲートの近くにあります。

営業時間は、6時から最終便のフライトまでとなっており、ソフトドリンクのサービスや無線LAN、コピー機などのビジネス向け設備が共通で設置されています。

南ラウンジの方が少し広い作りになっており、ANAの出発ゲートにも近い場所にあります。そのため、南ラウンジの方がやや人気があり、時間帯によっては混雑している場合もあります。

ラウンジを利用できるのは、ANAプレミアムカードを持っている人や、ANAカードの上級会員、ラウンジアクセスカードを持っている人、プレミアムクラスの予約者などです。

国内でも珍しい、JALダイヤモンド・プレミアラウンジ

福岡空港内にある、『JALダイヤモンド・プレミアラウンジ』は、国内でも数少ないプレミアラウンジです。室内のデザインからサービスまで、非常に上品でハイレベルとなっています。

営業時間は、6時から最終便出発までなので、フライト時刻までゆっくりと過ごせます。福岡ならではのフードサービスも楽しめます。

JALファーストクラスの利用客、JMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、ワンワールドエリートステイタスのエメラルド会員が利用可能です。

仕切りで区切られた向こう側には、より幅広い会員が利用できる『サクララウンジ』があり、内装と提供されるサービスが異なります。

JALビジネスクラスの利用客、JMBサファイア会員、JALグローバルクラブ会員、JMBクリスタル会員、ワンワールドエリートステイタスのサファイア会員も利用可能です。

カード資格により無料、くつろぎのラウンジTIME

国内線ターミナルの北1階にある、『くつろぎのラウンジTIME』は、有料でだれでも利用可能なラウンジですが、提携しているクレジットカード会社の指定する会員であれば、無料で利用できます。

カード会社によっては、対象カードだけでなく、搭乗券の提示が必要な点に注意しましょう。

座席は146席と数が多く、6時30分から20時30分までの営業時間のため利用しやすいラウンジです。

フリードリンクやちょっとしたお菓子、無線LANが利用できるため、無料利用の対象者は、気軽に立ち寄るとよよいでしょう。
JCB・dカード・楽天カードなどの無料利用条件
JCBのザ・クラス、プラチナ、ゴールドザ・プレミア、ゴールド会員は無料で利用できます。会員クラスによっては、同伴者1名まで無料です。

dカードであればゴールドクラス会員、楽天カードであればブラックカード、プレミアムカード、ゴールドカードの利用者が無料です。楽天ゴールドカードは、無料利用は年間2回までという制限付きなので注意しましょう。

そのほか、エポスカードはプラチナ、ゴールドカード会員が無料で利用できます。

3カ所ある国際線ラウンジ

国際線ターミナルビルのラウンジは、3カ所すべてが3階搭乗待合室内にあります。

『ラウンジTIMEインターナショナル』があるのは、56番ゲートの近くです。国内線の『くつろぎのラウンジTIME』と同様に、提携しているクレジットカードの会員なら無料で利用できます。

同じく56番ゲートの近くに、大韓航空とスカイチームの提携する航空会社を利用する人が入場できる『KALラウンジ』があります。

『ラウンジ福岡』があるのは、55番ゲートの近くです。入り口付近に免税店があるため、ラウンジの利用ついでに見て回ることも可能です。提携している航空会社の搭乗券を持っている人が利用できます。

福岡空港にシャワー付きラウンジはある?

空港によっては、シャワールームを設置しているラウンジを見かけることがあります。福岡空港には、シャワー付きのラウンジはあるのでしょうか。

福岡空港にシャワー付きラウンジはある?

以前はあったが、リニューアルにより廃止

リニューアル前の福岡空港には、カードラウンジ内にシャワーが設置されていました。現在のカードラウンジ『くつろぎのラウンジTIME』では、シャワールームは廃止されています。

ほか、国際線ターミナルビルのラウンジにも、国内線ターミナルビルのANAやJALのラウンジにも、シャワールームの設備は無いので注意しましょう。

まとめ

空港でフライトまでの時間を過ごすとき、荷物を置いてゆっくり休みたい、というときに重宝するのがラウンジです。福岡空港は国内の空港の中でも非常に広く、その分ラウンジも豊富です。

自分が普段利用しているクレジットカードや、搭乗予定の飛行機の航空会社とそのランクを確認し、利用できるラウンジを確認してみましょう。

福岡空港で、よりゆったりと時間を過ごすことができるでしょう。

■福岡空港行き 格安航空券情報
https://travelist.jp/airport_FUK/

羽田 - 福岡 https://travelist.jp/airport_FUK/airport_HND/
成田 - 福岡 https://travelist.jp/airport_FUK/airport_NRT/
関西 - 福岡 https://travelist.jp/airport_FUK/airport_KIX/
トラベリストの旅コラムバナー