格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

福岡空港から宮崎駅までの行き方。飛行機とバスは、どちらが便利?

福岡空港から宮崎駅までの行き方。飛行機とバスは、どちらが便利?

福岡空港から宮崎駅まで行くのに、最も短時間で到着するのは『飛行機』を利用したルートです。さらに、各航空会社の『早割サービス』を利用すれば、お得に搭乗できます。飛行機での所要時間と費用、便数をまとめ、バスで移動した場合と比較しました。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

福岡空港から宮崎空港まで飛行機で行く

福岡空港から宮崎空港まで、飛行機で行く場合、どこの航空会社が運航している飛行機を利用すればよいのでしょうか?

所要時間とフライトスケジュール、お得な早割の情報をまとめました。

福岡空港から宮崎空港まで飛行機で行く

ANA・JAL・ORCの3社が運航

福岡空港出発、宮崎空港行きの便を運航している航空会社は、『ANA』『JAL』『ORC』の3社です。

ORCは、正式社名を『オリエンタルエアブリッジ株式会社』といいます。主に、長崎を中心に運航便を持っている日本の航空会社で、ANAと共同運航を行っています。

福岡空港発、宮崎空港着の1日の便は、JALが7便、ANAが6便となっており、ANA便のうち4便はORCとのコードシェア便となっています。LCCの運航はありません。

福岡空港から宮崎空港までは、約45分で到着します。

1日の便数とフライトスケジュールは、2018年10月時点のデータを参照しており、今後変更がある可能性もあります。

福岡空港に時刻表が掲載されているので、予約をする際には最新のフライトスケジュールを確認するようにしましょう。

公式HP:http://www.fuk-ab.co.jp/japanese/flightSchedule/10/timetable_dom_miyazaki.html
ANA便とORCコードシェア便の違いは?
通常のANA便と、ORCとのコードシェア便はどこが異なるのでしょうか。

ORCコードシェア便は、ANAの運送規約のもと運航しており、搭乗手続きはANAカウンターで行います。

座席指定についてもANAの運航便と扱いは同じであり、マイレージはANA便名で登場した場合は積算の対象です。空港内ラウンジは、ANAカードのメンバーであれば、利用できます。

しかし、搭乗する客室乗務員はORCの乗務員で、機内サービスもORCの内容です。

宮崎行きは早期予約で4000円台もあり

宮崎行きの便は、早期に予約すれば、なんと最安値4000円台のチケットが手に入ります。

ANAとJALには、フライト日より早く予約するほど、運賃が安くなるという早割サービスがあります。ANAは『スーパーバリュー』、JALは『先得』というそれぞれの早割サービスがあり、最大の割引となるのは75日前までの予約です。

ORCでは、早割により最大限の値引き率となるのは、フライト60日前までに予約することで適用となる、『ORCエメラルド60』です。

早割を活用してチケットを予約した場合、2018年10月現時点での最安値は、ANAとJALの早割を適用した運賃4900円です。

ハイシーズンなど、時期によっては運賃が変動する可能性もあるため、予約時には最新情報を確認しましょう。

スケジュールが早めに決まっている場合は、早割でお得に予約することをおすすめします。

運航状況は各空港ホームページを確認

福岡空港と、宮崎空港の間を運航している飛行機のフライトスケジュールは、空港の公式HPで確認できます。

天候や機械トラブルによって、運休やダイヤの乱れが発生することがあります。前日までには、自分の予約した飛行機のフライト予定を確認しておくとよいでしょう。

ただし、福岡空港の公式HPに掲載されている情報は、各航空会社から寄せられた情報が元になっているため、最新情報の確認や問い合わせは、自分の予約した航空会社とそのHPで確認することをおすすめします。

公式HP:http://www.fuk-ab.co.jp/flight_dom.html

宮崎空港から宮崎駅までの行き方は?

宮崎空港に到着した後、町の中心地である『宮崎駅』まではどのように向かえば良いのでしょうか?

宮崎空港から宮崎駅まで、電車を利用した場合とタクシーを利用した場合とでそれぞれまとめました。

宮崎空港から宮崎駅までの行き方は?

JR宮崎空港線で15分程度と近距離

宮崎空港からは、『JR宮崎空港線 特急にちりん』に乗車すれば、運賃350円、所要時間約11分で『宮崎駅』に到着します。

JR宮崎空港線は他に普通列車もありますが、運賃・到着時刻ともにほとんど変わりません。

タクシーだと所要時間約20分

宮崎空港から宮崎駅まで『タクシー』を利用すると、走行するルートにもよりますが、総距離は約7.5km、所要時間は約20分、運賃は2440円の見込みです。

電車での移動と比較すると割高感はありますが、複数で乗り合わせて割り勘すれば、1人当たりの負担は軽くなります。仮に、4人で乗車すれば、1人あたり610円です。

また、大きな荷物を抱えていて、電車のホームを歩くのがつらい、というケースもあるでしょう。タクシーの場合は運転手に頼んで、荷物の積み下ろしを手伝ってもらえるという利点もあります。

福岡空港から宮崎まで高速バスで行く

福岡空港から宮崎駅まで、『高速バス』で移動した場合の運賃と所要時間はどれくらいになるのかをまとめました。

福岡空港から宮崎まで高速バスで行く

高速バスフェニックス号で、約4時間40分

宮崎までバスで移動するためには、まず福岡空港から地下鉄の『福岡市営空港線』に約12分乗車し、『天神駅』に向かう必要があります。

そこから、西鉄天神高速バスターミナルを出発する『高速バスフェニックス号』に乗車しましょう。1日28往復の運行、宮崎までの所要時間は約4時間40分です。

バスは30~60分間隔で運行しているため、自分の乗車したいバスは事前に時刻表を確認するようにしましょう。

片道3900円、回数券を使えばさらにお得に

西鉄天神バスターミナルから宮崎駅までの移動は、大人1人で通常4630円となっています。乗車日の前日までに予約・決済を行えば、割引され、大人1人で片道3900円です。

往復する予定であれば、回数券を事前に購入しておくとよいでしょう。

まとめ

福岡空港から宮崎駅までの行き方について、飛行機とバスを使ったルートと、所要時間、移動費についてまとめました。

移動にかかる時間を考えると、飛行機が最も優れているといえます。各航空会社の早割を利用すれば、チケットはかなりお得に購入できます。

バスで移動費をおさえることも可能ですが、4時間以上かかってしまうため、移動費や時間を考慮して、検討するとよいでしょう。
トラベリストの旅コラムバナー