格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

鹿児島空港から屋久島までのアクセス方法について

鹿児島空港から屋久島までのアクセス方法について

これかららの季節、旅行を計画している人もいるかと思います。特に秋は紅葉の時期や山の幸がおいしい季節でもあります。綺麗な景色を見ながらおいしいお料理に舌鼓を打ちたいと計画している人もいる中、以前から人気のある屋久島を計画している人もいるかもしれません。 では、観光をするにあたり、鹿児島から屋久島間のフライトはどの航空会社が良いのでしょうか。

この記事は2018年10月14日時点の情報をもとに執筆しています。

屋久島空港までのアクセス

鹿児島から屋久島まで行くには、鹿児島空港から出ている屋久島行きの便に乗って屋久島空港へ行く必要があります。

鹿児島から屋久島空港まで一番早い便でJALのJAC3741便で朝08:50発の09:30着の便があります。この便は最安値の価格となっており、8,800円で屋久島まで行くことが出来ます。
次に10:20発11:00着の便が10,800円、14:50発の15:30着の便が9,800円、16:45発17:25着の便が9,800円です。

逆に屋久島から鹿児島への便は、09:50発の10:30着の便と13:40発の14:15着の便、16:00発の16:35着の便は最安値で9,800円で利用することは出来ます。
最終の17:55発18:30着便は10,800円と屋久島から鹿児島へ行く便は最終便を除いてほぼ9,800円で利用することが出来ます。こちらの金額については全てJALを参照にしています。他にも様々な航空会社がありますが、最も安く行けるのはJALです。

屋久島空港までのアクセス

そもそも格安航空券とは

格安航空券とは、旅行会社がツアー用へと特別に安い金額で用意した航空券で、ITチケットと呼ばれています。この格安旅行券をもっている人はツアー参加者という事になります。
航空会社がツアー用に各旅行会社にまとめて卸したもので、このまとまった券を必要な枚数だけ買い求めます。

ですが、格安航空券がPEX航空券の時もあります。PEX航空券とは航空会社が割引したもので、割引率に関しては航空会社によって異なりますが、イベントやシーズンによっては通常の航空券よりもお得に買うことが出来ます。
このPEX航空券の事を正規割引航空券とも呼ばれています。ただし格安航空券に関しては自由度は低く、経路変更や日時変更は基本的に出来ません。航空会社によっては可能なものもありますが、その場合は追加料金がかかってしまう事もあります。

格安航空券に関しては、インターネットまたは航空会社のホームページで通常料金とPEX運賃を確認することが出来ます。各航空会社でPEX航空券を出しているのは、ANAやJAL,デルタ航空にユナイテッド航空、ルフトハンザ航空にエールフランス航空です。

そもそも格安航空券とは

格安航空券購入の注意点

飛行機をもっと安くもっとお得に利用したい、そんな人から格安航空券は選ばれていますが、格安航空券は「日程が変えられないもの」が多いです。
せっかく安い航空券を購入したのに仕事が入ってしまったという理由でも、行きと帰りの便を決めてしまったらもうそれ以外の便に変更することが出来ません。変更したい場合、キャンセルをして再び別の日を選ぶ必要がありますが、払い戻しが出来ないので、再び航空券を購入し直さなくてはいけないため、別料金が発生します。

格安航空券はシーズンとシーズンオフで金額の変動は激しいです。例えばシーズンオフなら90%割引と非常に安い金額で航空券を入手することも出来ます。シーズン中は良くても50パーセントと、90%オフと比較すると高くなってしまいます。週末は多くの人が休日という事もあり彫金が高くなってしまったり、観光客が訪れるシーズンはチケット料金が高くなってしまいます。お盆や年末年始、GWは割引率もあまりよくない上に、入手すること自体困難な状況になるので注意をしましょう。

格安航空券購入の注意点

まとめ

今話題になっている格安航空機。通常の国内線や国外線の金額よりも、シーズンによっては50%以上の割引率で購入することが出来るためです。
気になっていたあの観光地までのチケットが、シーズンオフでかなりお得に購入できたという話も多く、お得に旅行をしたいファミリー層から格安旅行券は人気です。

ただし気を付けてほしいのは、格安旅客航空券は進路変更や日にちの変更は出来ません。どうしても変更したい場合、キャンセル料金と新しいチケット代両方発生します。キャンセルしても払い戻しサービスはないため、2つの金額が発生してしまうため、格安旅客券を購入する場合、日付がこの日で大丈夫なのかきちんと確認をしてから予約をしましょう。

格安旅客機によっては機内の飲食があらかじめ別料金を支払っておく必要があります。機内で飲食をしたい場合、チケット購入時にスタッフから説明があると思いますが、格安旅客券を購入する場合は購入先のスタッフに買う人をしましょう。

まとめ

トラベリストの旅コラムバナー