格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

鹿児島空港の発着はどの航空会社を選べばいい? ANAやSKYなど大手3会社を比較!

鹿児島空港の発着はどの航空会社を選べばいい? ANAやSKYなど大手3会社を比較!

鹿児島空港の発着はANA(全日空)やJAL(日本航空)などを始めとした、さまざまな航空会社が便を運んでいます。 このため、空港から飛行機を利用して発着するといっても、実はいろいろな選択肢があるというわけですね。 とはいっても航空会社の数は多く、その数を国内線に絞っても8つという数であり、はじめて飛行機を利用する人にとっては多少煩雑な面があるのではないでしょうか。 そこでこの記事では航空会社の中でも最大手の一角である ・ANA ・JAL ・SKY について解説をしています。 ぜひ参考にしてみてください。

この記事は2018年10月14日時点の情報をもとに執筆しています。

鹿児島空港の発着時間

鹿児島空港の発着時間は航空会社や日時、到着予定箇所によってある程度変化するため、実際に公式HPやナビタイムなどといった常時更新の時刻表が掲載されているサイトを参考にしましょう。

鹿児島空港の提携航空会社とそれぞれの特徴

提携会社は国内便で以下の8つですがこの記事では特に便の多いANAやJAL、SJYの3社の特徴や違いについて説明をしていきます。

・ANA(全日本空輸)
・JAL(日本航空)
・SKY(スカイマーク)
・JAC(エアコミューター)
・SNJ(ソラシドエア)
・APJ(ピーチアビエーション)
・JJP(ジェットスタージャパン)
・FDA(フジドリームエアライン)


それぞれの料金
結論からいえばANA、JAL、SJYの中ではスカイマークの料金が最も安く、例えば那覇(沖縄)空港から羽田空港までの場合においては運賃に2万円以上もの差がついています。
また割引料金に関してもSJYには「いま得」「たす得」という座席残数によって航空券の料金が変化するという割引制度があり、これはANAやJALの早期購入割引の運賃と比較しても安価な割引料金です。

それぞれの荷物制限の違い
荷物制限には手荷物制限と預け荷物制限という2種類の荷物制限があります。
手荷物制限に関しては
・SKY(スカイマーク)        「115cm以内で幅55×高さ40×奥行25cm以内」
・ANA(全日本空輸)JAL(日本航空) 「115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内) 100席未満の場合は3辺の合計が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm未満)」

となっています。

重量に関しては、「3社共通で重さは10kgまで」で、身の回り品(バッグや携帯などといった日用品など)に関してはスーツケースとは別に1つまで持ち込むことができます。

預け荷物制限に関して「重量は3社共通で総重量が20kgを超えない場合に無料」となっています。
サイズにおいては
・SKY(スカイマーク)JAL(日本航空)「サイズが厚さ50cm×横60cm×高さ120cm以内」
・ANA                「3辺の合計値が203cm以内」

となっておりどちらも20kg以下までの重量であれば無料で預けることが可能です。

それぞれの座席の違い
それぞれの座席の違いとしては以下のような点があげられます。
・SKY(スカイマーク)       : 電子機器を充電可能なコンセントがあるが座席のクラスはなく、JALやANAの高位クラスのような設備がない
・ANA(日本航空)JAL(全日空)  : コンセントはないが座席のクラスによってモバイルバッテリーやシート電源が使用可能

SKYはどの座席においてもコンセントによって電子機器を充電することができるという特徴を持っており、ファーストクラスやプレミアムエコノミーといった上位クラスを利用するような余裕がない場合においても自由に電子機器を利用することができます。
一方で座席自体に関しては座席幅40cm強+座席間隔79cmと、大きく体を伸ばすことが難しい程度の大きさとなっています。

逆にANAやJALはコンセントはないものの座席のクラスによっては以下のような充電器を使用することが可能です。
・モバイルバッテリー(ANA:ファーストクラス)
・シート電源(JAL:ファーストクラス、プレミアムエコノミー、一部条件付きでその他クラス)

またSKYとは異なり、ファーストクラスのような高クラスの座席はほとんど個室と変わらないレベルの大きさの座席を備えており、高位レベルの座席であれば大きく体を伸ばすことも可能です。

それぞれの機内サービス
それぞれのサービスで比較した場合、JALやANAは機内サービスとして無料でドリンクおよび機内雑誌などを利用することが可能であるのに対して、SKYは飲食物が有料ではあるものの、毛布やおしぼりなどといった用具を無料で使用することが可能となっています。
またJALやANAでは機内サービスの一環としてWI-FIも用意されていますから、アニメや映画などといったあらゆるコンテンツを利用することもできます。

以上が基本的な特徴です。
持っていく荷物や手持ちの予算などを鑑みて自分にあった航空社を選びましょう。
なお、国際線や上記の3種類以外の航空会社を利用する際にはまた異なった料金・荷物制限制度などがありますので、その場合はしっかりと事前に調べておく必要がありますね。

まとめ

ANAやJAL、SKYといった航空会社は一見するとあまり違いが無いように見えることもあるかもしれませんが、サービスや料金制度に関して大きな違いが存在します。
しっかりと航空会社ごとの違いを把握し、お得に快適に旅行ができるようにしましょう。

まとめ

トラベリストの旅コラムバナー