格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

仙台空港発着のLCC路線。新千歳・関西空港・台北行きはピーチのみ

仙台空港発着のLCC路線。新千歳・関西空港・台北行きはピーチのみ

『仙台空港』は、東北最大の国際空港です。日本の大手航空会社ANA・JALだけではなく、LCC格安航空会社『ピーチ』も運航しています。『仙台空港』から出発する『ピーチ』の運航先にはどこの空港があるのか、また料金などについても紹介します。

この記事は2018年11月01日時点の情報をもとに執筆しています。

仙台空港を発着するLCCはどこ行きがある?

『仙台空港』を発着するLCCには『ピーチ』があります。LCCと同じくらい安い運賃で搭乗できるほかの航空会社も併せて説明します。

仙台空港を発着するLCCはどこ行きがある?

LCCはピーチのみが運航

『仙台空港』を発着するLCC格安航空会社は、『ピーチ』1社のみです。路線は、国内2カ所『関西空港』『新千歳空港』と、台湾の『台北空港』の計3カ所です。

『ピーチ』が『仙台空港』を拠点化したのは、2017年9月です。2012年3月に関西空港を、2014年7月に那覇空港を拠点化し、『仙台空港』は3番目の拠点空港です。

少数ながらエアドゥ、スカイマークも運航

仙台空港から出発する『ピーチ』の1日の運航本数は、『関西空港』行きが3便、『新千歳空』行きが2便、そして『台北』行きが1便の、計6便です。

このほか、仙台空港からは『エアドゥ』『スカイマーク』も運航しています。

運航本数は、『エアドゥ』『スカイマーク』とも1日2便で、『エアドゥ』は『新千歳空港』行き、『スカイマーク』は『神戸空港』行きです。

仙台空港を発着する『エアドゥ』『スカイマーク』に国際便はありません。

LCC以外なら伊丹・福岡路線も

『ANA』や『JAL』は、仙台空港から『伊丹空港』『福岡空港』行きの路線もあります。

『ANA』は、上記2路線以外に、新千歳空港、成田空港、広島空港、名古屋の中部空港・小松空港、沖縄の那覇空港へも運航しています。

『JAL』は、上記2路線のほか、新千歳空港と出雲空港への路線があります。

仙台空港発の各地へのLCC料金は?

仙台空港発、LCC『ピーチ』のフライト料金はどれくらいでしょうか?各空港行きでチェックしてみましょう。

仙台空港発の各地へのLCC料金は?

関西空港・新千歳行きは早期予約で3000円台も

仙台空港発、『関西空港』『新千歳空港』行きとも、3カ月ほど先の早期予約なら、3000円台で購入できます。

この料金は、ピーチの1番安い運賃タイプ『シンプルピーチ』が適用されたものです。

運賃タイプ『シンプルピーチ』とは、受託手荷物や座席指定が有料で、購入期限が搭乗日2日前の23時59分までというルールがあり、その分料金が割安になっています。

台北行きは1万円以下もあり

国際線の仙台空港発『台北空港』行きのフライト料金は、いくらくらいでしょうか?

『台北空港』行きも、早期予約で運賃タイプ『シンプルピーチ』を適用したものなら、かなり料金を安く抑えられます。

3カ月ほど先の予約で、1万円以内で購入できる日もあります。

仙台空港のLCCターミナルはどこ?

空港によっては、LCCターミナルが別に設けられているところがあります。仙台空港は、どこにLCCターミナルがあるどうでしょうか?

仙台空港のLCCターミナルはどこ?

各社チェックインカウンターは2階

仙台空港では、LCCターミナルの場所はわかれておらず、すべての航空会社のチェックインカウンターはターミナル棟2階にあります。

仙台空港には、もう1つ別に旅客搭乗棟『ピア棟』もありますが、こちらは2018年10月から運用されたばかりで、現在はまだ喫煙室や授乳室などが設置されているのみです。

仙台空港での『ピーチ』の手続きの流れを説明します。ターミナル2階『チェックインカウンター』で、出発時刻30分前までに自動チェックイン機にて搭乗手続きを済ませます。

その後、出発時刻25分前まで『保安検査場』を通過し、出発時刻20分前に『搭乗ゲート』へ向かいます。時間に遅れると搭乗できない場合もあるので、時間は厳守しましょう。

旅客数550万人を目指す仙台空港

東北最大の国際空港である『仙台空港』は、2044年度の年間旅客数の目標として、550万人を掲げています。

今後さらに国際空港として飛躍するために、どのような策が練られているでしょうか?

旅客数550万人を目指す仙台空港

今後さらなるLCC路線追加が期待される

2018年10月に新たに建設された旅客搭乗棟『ピア棟』は、格安航空会社LCC誘致への期待と、路線追加を踏まえ、運用が開始されました。

旅客搭乗橋などはない簡素な設計で、運用コストを抑える造りとなっています。

『ピア棟』を含めると、仙台空港の国内線搭乗口は全部で10カ所です。飛行機の発着が多い朝夕のピーク時の路線増設も、『ピア棟』の完成で可能になりました。

まとめ

仙台空港発、LCCピーチの路線がある空港は、『関西空港』『新千歳空港』『台北空港』の計3カ所です。

1日の運航本数は、『関西空港』行きが3便、『新千歳空』行きが2便、『台北』行きが1便の、計6便です。

『仙台空港』は、2044年度の年間旅客数550万人を目指しており、2018年10月には新しい旅客搭乗棟『ピア棟』も完成しました。今後LCCの路線増設など、仙台空港の利便性の高まりに注目です。

■仙台空港行き 格安航空券情報
https://travelist.jp/airport_SDJ/

新千歳 - 仙台 https://travelist.jp/airport_SDJ/airport_CTS/
関西 - 仙台 https://travelist.jp/airport_SDJ/airport_KIX/
伊丹 - 仙台 https://travelist.jp/airport_SDJ/airport_ITM/
福岡 - 仙台 https://travelist.jp/airport_SDJ/airport_FUK/
成田 - 仙台 https://travelist.jp/airport_SDJ/airport_NRT/
トラベリストの旅コラムバナー