格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

長崎空港から伊丹空港への移動方法まとめ。LCC利用で格安に

長崎空港から伊丹空港への移動方法まとめ。LCC利用で格安に

長崎空港から大阪国際空港(伊丹空港)へと向かう便利なルートにはどんのようなものがあるのでしょうか。本記事では、直行便の運航会社や便数をはじめ、コストを重視したアクセス方法など、ぜひ選択肢に入れておきたいお得な情報を詳しく紹介しています。

この記事は2018年11月06日時点の情報をもとに執筆しています。

長崎空港から伊丹空港へのアクセス方法

長崎空港から伊丹空港までのもっとも便利でお得な移動方法を検討するにあたって、まずは両空港間を運航する直行便についての情報を整理しておきましょう。

長崎空港から伊丹空港へのアクセス方法

JALとANAが運航

長崎空港から伊丹空港への直行便は、『JAL』と『ANA』という、FSC(フルサービスキャリア)の2社によって運航されています。

この路線の直行便にMCC(ミドルコストキャリア)やLCC(ローコストキャリア)の航空会社は参入していないため、運賃面での選択肢はほとんどありません。

なお、長崎空港-伊丹空港間の1日あたりの便数は、JALが4本、ANAが3本の計7本です。(※2018年11月時点)

運航情報は時刻表を確認

長崎空港から伊丹空港へと向かう始発便は、ANAによる8時発9時5分着、最終便がJALによる19時10分発-20時30分着の便となっています。

1時間内に2便など複数の運航がある時間帯がある一方で、2時間ほど便のない時間帯もあるため、フライトを選択する際は注意が必要です。

詳しい運航情報については、あらかじめ公式HPで確認しておきましょう。

長崎空港『フライト情報』:https://nagasaki-airport.jp/flight/timetable/itami.php

費用を抑えて移動する方法は?

飛行機を利用するとき、できるだけコストを抑えたいと考える人は多いのではないでしょうか。長崎空港から伊丹空港へのフライトをできるだけお得に済ませる方法について見ていきましょう。

費用を抑えて移動する方法は?

関西国際空港まで格安航空会社のピーチで移動

コストを抑えることを重視したフライト方法として、まず第一にあげられるのが『LCC』の利用です。

長崎空港から伊丹空港までの直行便にLCCの運航はありません。しかし、伊丹空港と同じ大阪府内の『関西国際空港』へは、LCCの『peach』が運航しています。

長崎空港から伊丹空港までをJALで移動した場合、大人1名普通運賃は2万9060円、ANAでは2万7860円です。

一方、peachを利用して長崎空港から関西国際空港へアクセスした場合の大人1名の普通運賃は、8590円からと格安です。関西国際空港から伊丹空港への移動にかかる費用を考慮したとしても、充分にお得といえるでしょう。(※2018年11月時点)

1日1往復のみ運航

割安な運賃が魅力のPeachですが、長崎空港から関西国際空港への運航は、14時20分発15時25分着の1日1便のみとなっています。

時刻表は数ヶ月単位で変更しますので、注意しましょう。

伊丹空港へ陸路で移動

peachを利用して関西国際空港に到着したら、伊丹空港までは陸路で向かいましょう。

関西国際空港から伊丹空港へは、直通のリムジンバスが運行しています。運賃は大人1名1950円で、所要時間は第1ターミナル発で約70分、第2ターミナル発で約80分となっています。

関西国際空港におけるpeachの国内線発着は、すべて第2ターミナルを使用しています。第2ターミナル発のリムジンバスの運行ダイヤをあらかじめチェックしておきましょう。

その他にもある関西方面への移動方法

直行便や関西国際空港を利用するルート以外に、長崎空港-伊丹空港間を移動する方法はないのでしょうか。その他の選択肢を見ていきましょう。

その他にもある関西方面への移動方法

出発地、目的地に合わせて最適な空港を選択

飛行機をより便利に利用するためには、出発地と目的地に最寄りの空港だけでなく、周辺の空港についても検討してみましょう。

ここでは、その一例を紹介します。

長崎空港から神戸空港へ

目的地にもっとも便利な空港が伊丹空港であったとしても、便数や時間帯、運賃等が希望に沿わない場合、伊丹空港近郊の『神戸空港』を利用してみるのも一つの方法です。

長崎空港から神戸空港行きであれば、MCCのスカイマークも利用できます。その場合、大人1名の普通運賃が1万4000円と、ANAやJALにくらべて割安です。(※2018年11月時点)

福岡空港から伊丹空港へ

出発地にもっとも便利な空港が長崎空港だったとしても、運航スケジュールなど条件に適さない場合もあるでしょう。

そんなときは、近郊の『福岡空港』を視野に入れてみることをおすすめします。

長崎空港から伊丹空港への直行便が1日あたり7便であるのに対し、福岡空港から伊丹空港の場合は1日あたり10便が運航しています。7時台の便もあるため、より利用しやすい条件が整っているといえるでしょう。

まとめ

長崎空港から伊丹空港への直行便は、JALとANAの2社が運行しています。ただし、コスト面や旅行日程によって、直行便以外の方法を検討してみると良いでしょう。

たとえば、LCCを利用していったん関西国際空港へ向かい、それから陸路で伊丹空港へと向かうという方法や、目的地・出発地の空港を近郊のものに変えてみるといった方法を選ぶことで、より希望に沿ったフライトが可能になるかもしれません。

さまざまな選択肢を検討し、もっとも理想に近いアクセス方法を選んでくださいね。
トラベリストの旅コラムバナー