格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

長崎空港から長崎駅までの電車を使ったアクセス方法について

長崎空港から長崎駅までの電車を使ったアクセス方法について

長崎空港から長崎駅までは直通のリムジンバスが出ていますが、電車でアクセスする方法はないのでしょうか?今回は長崎空港から長崎駅までの電車旅を楽しみたいという人に、電車を使ったアクセス方法について調べてみました。

この記事は2018年11月28日時点の情報をもとに執筆しています。

まずは長崎空港から電車の最寄駅までのアクセスをチェック!

さっそくですが、長崎駅には電車の駅はあるのでしょうか。実は長崎空港は大村湾の沖合約2kmにある箕島を埋め立てて作られた海上空港ということもあり、直接乗り入れる電車はないのです。なので、最寄駅の大村駅か電車本数の多い諫早駅までバスやタクシーなどで移動し、そこから長崎駅まで電車で向かうルートとなります。

長崎空港から大村駅もしくは諫早駅までバスで向かい、電車で長崎駅に向かう場合

前述のとおり、長崎空港に乗り入れている電車はありませんので、最寄駅の大村駅か諫早(いさはや)駅まで向かう必要がありますが、まずはバスを利用してそれぞれの駅を利用した場合をまとめてみました。

まずは、大村駅・諫早駅共に、長崎空港から3番のりばに向かい「大村・諫早・島原方面行き」の長崎空港連絡バスに乗車します。
そこから大村駅へは12分ほどで行くことができ、料金は240円になります。
また、諫早駅へは47分ほどでいくことができ、料金は630円です。

そこからJR線の電車を利用することになりますが、大村駅から長崎駅までは、長崎行の快速シーサイドライナー利用で約45分、料金は740円になり、
諫早駅からの場合、同じくシーサイドライナー利用で約30分、特急利用で約20分、料金は460円(特急利用の場合は指定席で+820円)で長崎駅まで行くことが出来ます。

以上から、単純に乗り換え時間を勘案しない所要時間と料金を比べた場合、大村駅利用の方が早く、そして安く長崎駅まで行けそうですが、
電車の本数が諫早駅の方が多く、また長崎駅までも大村駅に近いため、快速や特急以外でも約40分で行くことが出来るので、
特急電車以外を利用した場合の差額110円は、十分カバーできる金額ではないかと思われます。

長崎空港から大村駅もしくは諫早駅までタクシーで向かい、電車で長崎駅に向かう場合

次に、同じく大村駅と諫早駅までタクシーで移動した場合ですが、

長崎空港公式WEBサイトでは、大村駅まではタクシーで約10分、料金は目安で1,650円となっています。対して諫早までですが、所要時間は約25分、料金は目安で4,890円となっています。

駅からのアクセスはバスの場合と同様になるので、単純に長崎駅までタクシー+電車での移動で、

大村駅利用の場合は、長崎空港⇒タクシーで大村駅⇒快速シーサイドライナーに乗って長崎駅のルートで、電車の待ち時間勘案無しで約1時間、料金はタクシー目安合計で2,390円で行くことが出来ます。
諫早駅利用の場合は、長崎空港⇒タクシーで諫早駅⇒快速シーサイドライナーに乗って長崎駅のルートで、電車の待ち時間勘案無しで約50分、料金はタクシー目安合計で5,350円になります。
また、諫早駅から特急電車で長崎駅に向かうとすると、時間はさらに約10分早くなりますが、料金は指定席利用で820円増えるので6,170円になります。

タクシー利用の場合は、時間に対する料金の差が大きくなるので、少し状況にあわせての検討が必要になりそうですね。

参考:長崎空港公式WEBサイト/交通アクセス タクシー
https://nagasaki-airport.jp/access/taxi.php

まとめ

ほかにもレンタカーや乗り合いジャンボタクシーなどのアクセスも長崎空港公式WEBサイトには載っていますが、そもそも電車利用前提なのでレンタカーは使わないのと、乗り合いジャンボタクシーは行き先が長崎方面ではなく佐世保になるため割愛します。

以上の比較から、長崎空港から長崎駅行のバスに乗らず、電車でのアクセスを前提にした場合は、何らかの優先事項が無い場合、バランスを考えると、長崎空港からバスで諫早駅に向かい、そこから電車で長崎駅に向かうのが良いと思われます。

長崎空港から電車で長崎駅に行こうと思われている方は参考にしてくださいね。
トラベリストの旅コラムバナー