格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

長崎空港から対馬への移動方法まとめ。飛行機が便利で早い

長崎空港から対馬への移動方法まとめ。飛行機が便利で早い

対馬の位置や、長崎空港からのアクセス方法、所要時間、運航している航空会社についてまとめました。また、福岡からのアクセスや、対馬島内での交通手段についても紹介しています。島内では、路線バス以外にもタクシーや渡海船も利用可能です。

この記事は2018年11月07日時点の情報をもとに執筆しています。

対馬の位置とアクセス

対馬は九州と韓国の間にあり、長崎県に属します。対馬島の他に6つの有人島と、100以上の無人島で構成された列島です。本土からは約120km離れており、飛行機や船でアクセスできます。韓国からは約50kmの位置にあり、船でアクセスできることも特徴です。

対馬の位置とアクセス

九州本土から120kmに位置する島

対馬島は九州から約120km離れた場所にある、細長い形をした島です。南北は約82kmありますが、東西は18kmほどしかありません。人口は約3万人です。

九州本土よりも韓国に近く、高速船を使えば3時間ほどで釜山に到着します。対馬-釜山行きの高速船は4社が運航していますが、日本語対応をしていのはJR九州高速船『ビートル』のみです。利用する会社によって、発着港が異なるため、釜山までの所要時間も変化します。

九州本土からは、空路・海路どちらも利用でき、長崎や福岡からはアクセスの良い離島です。

飛行機と船でアクセス可能

対馬へ飛行機でアクセスしたい場合は、長崎空港と福岡空港が選択できます。福岡空港からはANA便で1日5往復、長崎空港からはANA(日本航空)とORC(オリエンタルエアブリッジ)の共同運航便が1日4、5往復しています。

所要時間は片道約30分から40分です。福岡空港と長崎空港、どちらを利用しても所要時間に大きな変化はないため、出発地からアクセスの良い空港を利用しましょう。

船でアクセスを考えている場合は、博多港が利用できます。ジェットフォイルなら対馬南部にある厳原港まで約2時間15分、フェリーは約4時間40分です。対馬北部に位置する比田勝港へはフェリーが出ており、約5時間50分かかります。船と飛行機では所要時間に大きな差があるため、所要時間を短縮したいなら飛行機がおすすめです。

長崎空港から対馬空港へのアクセス方法

長崎空港から対馬空港までアクセスするには、対馬直行の飛行機を利用します。長崎県から対馬へのアクセスは空路のみのため、対馬に向かう場合は長崎空港を活用しましょう。福岡県からのアクセスなら、飛行機と船が選択できます。

長崎空港から対馬空港へのアクセス方法

飛行機で4往復、30分ほど

長崎空港から対馬空港行きは、1日4便運航しています。2018年12月のフライトスケジュールでは最初の便が8時20分発、8時55分到着です。最終便は18時55分に離陸し、19時30分に対馬へ到着します。

対馬空港から長崎空港へ向かう便も同じように4便運航し、1日4往復です。長崎空港を朝に出発し、対馬から日帰りで夜に戻ってくるスケジュールも組むことができます。(※2018年11月時点)

対馬行きはANA、ORCが共同運航

対馬行きの便はANAとORCが共同運航しています。サービスや機材はORCのものですが、ANAの搭乗カウンターを利用できるため、ANAのスキップサービスなども利用可能です。スキップサービスを使えば、手続きを簡素化してスムーズに搭乗できます。

スキップサービス対応のチケットを予約し、座席指定をしておくことが必須ですが、空港滞在の時間を短縮したい人におすすめです。

運航スケジュールは時刻表を確認

運航スケジュールは、ORCの公式HPで公開されています。現在の運航スケジュールだけでなく、翌月、翌々月など決定している分は公開されているため、先の予定を確認したいときにもおすすめです。

状況によってフライトスケジュールが変更になることもあるため、予約後は天気や災害情報なども合わせてチェックしておきましょう。

ORC公式HP:https://www.orc-air.co.jp/fare/

対馬島内の移動方法

対馬島は南北約82kmと縦に長い島で、目的地によっては移動に時間がかかります。島内の移動は、路線バスやタクシーがおすすめです。出発地や目的地によっては、渡海船の利用もできます。

対馬島内の移動方法

路線バスもしくはタクシー

対馬島の路線バスは、厳原・仁位・比田勝と3つのエリアで利用できます。停留所は146あり、島内の各地へ移動が可能です。しかし、南北の移動には時間がかかります。バスで効率よく観光地を周りたいときには、貸切の観光バスも検討してみましょう。また、移動距離によってはタクシーやレンタカーの利用が適しています。

対馬島には全部で6社のタクシー会社があり、観光プランにも対応しています。厳原エリアにはホテル対馬タクシー・対州タクシー・厳原タクシーがあり、ホテル対馬タクシーは団体向けのバスも利用可能です。

市営の渡海船もある

対馬島では、市営の渡海船『うみさちひこ』を利用できます。対馬市美津町瀬原と長板浦、豊玉町仁位を定期運航しており、料金も170円から940円と安めの設定です。

定期運航の合間には、周遊観光船としても運航しており、予約をすれば対馬各地を海路で観光できます。コースは3種類あり、貸切と乗合どちらも対応可能です。貸切料金は3万から5万円、乗合料金は1人3000円から5000円です。なお、乗合は5人以上、貸切は45人以下で利用できます。

まとめ

対馬島は、長崎空港の他に福岡空港、博多港からのアクセスが可能です。韓国の釜山とも海路でつながっているため、国際的な観光地でもあります。

長崎空港とは1日4往復の便が出ており、所要時間は約30分です。船の場合は高速船でも2時間以上かかるため、素早くアクセスしたいなら飛行機を検討しましょう。

島内には路線バスや市営の渡海船などがあり、タクシー会社も複数運営されています。
トラベリストの旅コラムバナー