格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

長崎空港からセントレアへの移動方法まとめ。フライト時間に注意

長崎空港からセントレアへの移動方法まとめ。フライト時間に注意

長崎空港から名古屋へ向かう方法をまとめました。中部国際空港セントレア行きの路線の特徴や、所要時間も紹介しています。セントレア到着後のアクセスなども見てみましょう。関西国際空港経由で名古屋に向かう人向けの情報もあります。

この記事は2018年11月04日時点の情報をもとに執筆しています。

長崎空港から中部国際空港セントレアまで約1時間

長崎空港から、愛知県にある『中部国際空港(愛称:セントレア)』までは約1時間かかります。時間帯も朝と夜から選択でき、ANAの早期割引も利用が可能です。愛知県など中部地方へ行きたいなら、長崎空港の中部国際空港行きの路線を活用しましょう。

長崎空港から中部国際空港セントレアまで約1時間

ANAが朝と夜の2便運航

長崎空港から愛知県へ向かう便は、朝と夜の2便が運航されています。両方ANAが運航しており、11月のフライトスケジュールでは、9時45分発と20時25分発のどちらかが選べます。9時45分発の便は10時55分に中部国際空港に到着し、20時25分発の便は21時35分到着です。(※2018年11月時点)

午前中のうちに愛知県へ行きたい人から、夜間に向かいたい人まで対応できます。中部国際空港から長崎空港行きの便も、同じく朝と夜の2便運航です。

早割価格を利用して料金を抑えよう

ANAでは、早割運賃が設定されています。ANAの早割、『ANA SUPER VALUE』は予約日時によって5種類あり、それぞれ出発の75・55・45・28・21日前まで予約が可能です。

早割運賃はお得ですが、いくつか制約もあります。予約の変更ができず、取引手数料は出発55日前まで無料です。45日前までは運賃の30%、28日前までは40%、14日前までは50%と段階的に取引手数料が高くなるシステムです。

出発日が近づいてきたころに、予約変更の可能性がある場合は手数料がかかる可能性があります。キャンセルの可能性が少ない場合は、お得な運賃で搭乗が可能です。料金は空席の割合によって変動しますが、基本的には予約が早い方がお得に利用できます。

また、ANAマイレージクラブ会員のみ利用できる『ANA SUPER VALUE EARLY』は搭乗355日前から予約ができ、年末年始・ゴールデンウィークなどの予定も立てやすくなるでしょう。

出発前にアクセス方法を確認

長崎空港から中部国際空港に向かう前に、空港の位置や到着後のアクセスを調べておきましょう。長崎空港へは県内の各地からバスが出ているため、スムーズにアクセスできます。また、中部国際空港から名古屋へは、電車で約30分です。

出発前にアクセス方法を確認

長崎空港への移動はバスが便利

長崎空港には、4つの路線バスが乗り入れています。長崎駅からはリムジンバスで約45分、料金は片道900円です。佐世保バスセンターからは約90分で片道1650円、ハウステンボスからは約55分で片道1250円かかります。

最寄り駅の大村駅までは約10分で、片道240円でアクセスが可能です。諫早駅からのアクセスも便利で、空港まで約30分で到着します。バス乗り場は空港ターミナル正面にあり、搭乗口への移動もスムーズです。

中部国際空港から目的地のアクセスを確認

中部国際空港セントレアには、電車が乗り入れています。名古屋駅までは名鉄線の特急で約30分です。金山駅や神宮前駅にも、約20分から30分でアクセスできます。

空港からの移動は、ミュースカイが便利です。特急よりも所要時間が短く、素早く移動ができます。ミュースカイと特急の利用には、乗車券以外に『ミューチケット』が必要です。ミューチケットは、通常料金プラス360円で手に入れることができます。

その他、津市へは船で約45分、栄市には電車で約35分です。

他に名古屋方面へ行く方法はある?

長崎空港から名古屋方面へ向かうには、中部国際空港へ向かうことがおすすめです。しかし料金面や目的地によっては、他の路線を使って名古屋へ向かうこともできます。

格安航空券を利用したいなら、ピーチが運航している関西空港行きの路線を利用しましょう。

他に名古屋方面へ行く方法はある?

格安航空券を利用なら関西国際空港から移動

長崎空港から、関西国際空港行きの路線が1路線あります。関西国際空港からは新幹線や電車で名古屋まで移動が可能です。新幹線や特急を使えば、2時間ほどで名古屋駅に到着します。

料金を安くしたいなら、近鉄やバスも検討しましょう。格安航空券代と、関西国際空港から名古屋までの料金を確認して、中部国際空港行きの料金と比較しておくと便利です。

ANAの長崎-中部国際間の普通料金は、通常時とピーク時どちらも3万円台です。対して格安航空券なら、3690円から2万990円で関西国際空港まで移動できます。安いチケットが手に入れば、関西国際空港から名古屋へアクセスするコストを含めても、お得に名古屋に向かうことができるでしょう。

長崎空港から関西国際空港へピーチが運航

長崎空港から関西国際空港の便は、ピーチが運航しています。11月のフライトスケジュールでは、1日1便が運航中です。長崎を14時20分に発ち、関西国際空港には15時25分に到着します。

名古屋方面へは最短でも2時間ほどかかるため、名古屋到着は18時ごろになりますが、到着時間にこだわらない場合は検討してみましょう。

新大阪駅から名古屋駅へは新幹線

新大阪駅からは名古屋駅まで、新幹線で移動できます。所要時間は約50分、料金は自由席で5830円です。関西国際空港から新大阪駅までは、『特急はるか』で約50分かかります。料金は自由席で2330円です。

長崎空港から関西国際空港経由で名古屋に移動する場合、長崎空港から関西国際空港までのチケット代+8160円がかかります。所要時間は乗り換え時間などを含めず、約165分です。

長崎空港から中部国際空港セントレアへ向かう場合はANAのチケット代+中部国際空港駅から名古屋駅をミュースカイで移動する料金として、1230円がかかります。所要時間は約100分です。

短時間で移動したいときや、ANAの航空券が安く購入できるなら中部国際空港直行の便がおすすめできます。所要時間は気にせず、ピーチの格安チケットが取れる場合は関西国際空港経由がおすすめです。

まとめ

長崎空港から名古屋へ行くには、ANAの中部国際空港セントレア行きの直行便を利用するか、ピーチが運航している関西国際空港行きの便を利用して陸路でアクセスする方法があります。

目的地やコスト、所要時間などを考慮してフライトを選びましょう。
トラベリストの旅コラムバナー