奥尻行きの格安航空券・飛行機チケット・LCCの予約ならトラベリスト

奥尻行き航空券を今すぐ検索

出発空港
到着空港
出発日
最安値を検索する
親切・丁寧なサポート体制!

奥尻行きの航空券の出発地を選択する

  • 北海道

奥尻行きの便を運行している航空会社

  • JAL(日本航空) 奥尻行き

奥尻周辺の観光スポットについて

奥尻島

奥尻島の写真

1

日本海に浮かぶ奥尻島は、本土の江差港からフェリーを使って2時間余りで到着します。南北に細長い形をしていて、人口は約3,000人です。周囲わずか84㎞の島ですが、見てみたい、行ってみたい観光スポットがギュッと凝縮されています。透明度の高い海からは、海の幸が豊富に獲れます。とくに7月中旬から8月中旬にしか味わえないウニを目当てに訪れる人も少なくありません。島の80%以上はブナの原始林に覆われ、神秘的な光景を満喫できます。夏になると、離島の手つかずの自然を満喫するため、親子連れでのキャンプやマリンスポーツを楽しむ人が大勢訪れます。島に住む人々は素朴で、とっても親切。旅人を温かく迎えてくれます。

Photo byHideyuki KAMON

賽の河原

賽の河原の写真

2

賽の河原は、奥尻島の北の端、稲穂峠の先端にあります。ここは暗礁が多く、海難事故で亡くなった人が多かったといいます。その冥福を祈り、地蔵を祀って石を積み上げたのが始まりといわれています。このように神聖な場所ですが、北海道南西沖地震によってすべて流されてしまったといいます。それでも、再び参拝者によって、多くの石の塔が積み上げられ、現在の姿に至っています。すぐ隣には賽の河原公園があり、キャンプ場としても整備されています。さらに、観光シーズンである4~9月限定で直売所兼食堂「北の岬さくらばな」がオープンします。ここでは、お土産だけでなく、活きたウニやアワビ、新鮮なお刺身などが格安でいただけます。

鍋釣岩

鍋釣岩の写真

3

鍋釣岩は、奥尻島のモニュメントになっています。奥尻島の玄関口であるフェリー乗り場の近くにあり、観光客を出迎えてくれます。その名の通り、まるで鍋のつるのような見事なアーチで、高さが19.5mもあります。長い年月にわたり、波と風によって真ん中だけがくりぬかれた自然が織りなす造形美です。北海道南西沖地震のときの津波によって、一部が壊れてしまったため、現在は修復されたそうです。夜はライトアップされ、沖のイカ釣り船の漁火とのコラボで幻想的な風景が浮かび上がります。また、海から登る朝日をバックにした光景は、神々しく、思わず手を合わせたくなります。ぜひ鍋釣岩で、奥尻島での記念の一枚を撮りましょう。

宮津弁天岬

宮津弁天岬の写真

4

宮津弁天岬は、フェリー乗り場から、北東に5㎞行ったところにある神社です。海の上に突き出した丘の上に立っており、赤い社が海と空の青に映えてとても印象的です。もともと、番所や見張り台があったところで、対岸との連絡などを行っていました。江戸時代に島民の希望で、海の安全と豊漁を祈願するため海の神様である弁財天が祀られました。ここへは164段の階段を上って行きます。かなり急な階段ですが、登り切ったご褒美として、素晴らしい景色が待っています。遮るものが何もない雄大なパノラマは、お天気がよければ日本海を挟んで北海道本土の山々を望むことができます。奥尻島のパワースポットともいわれ、参拝する人も多い神社です。

奥尻島津波館

奥尻島津波館の写真

5

1993年7月12日、北海道南西沖地震が発生しました。そのときの津波に奥尻島は、これまで経験のしなかった被害が出ました。この災害の記憶と教訓を後世に残すため、そして復興を支援してくれた人々に感謝の気持ちを伝えるために作られた施設です。2001年にオープンし、地震発生直後から復興までの道のりを巨大スクリーンで上映するなど、7つのテーマで展示されています。とくに、亡くなった198名の島民を鎮魂するためのモニュメント「198のひかり」は、荘厳の中にも、198の命の尊さが表現された作品として、来館者の心を打ちます。そのほかにも、島の遺跡から発掘されたヒスイの勾玉なども展示されていて、より深く奥尻島を知ることができます。

球島山

球島山の写真

6

奥尻島の港から車で約20分。奥尻島の北側に標高369mの球島山がそびえたちます。奥尻島では3番目に標高の高い山です。山といっても、山頂のすぐ近くまで道路が整備されているので、駐車場から展望台までは90段の階段を上って行くだけです。階段を登り切った頂上からは、360度開けた大パノラマが広がります。晴れた日には、松前沖の大島や小島、対岸の北海道本土の檜山沿岸やニセコ連山、駒ケ岳も一望することができます。夜なら、イカ釣り漁船の漁火と満天の星が楽しめます。春は、山までの町道「桜木線」が桜で華やかに彩られるさまが、秋なら、ブナに覆われた島全体がオレンジに色づく様子を堪能することができます。

奥尻空港のお役立ち情報 市内へのアクセス方法

奥尻空港総合案内
01397-3-2153
奥尻空港公式サイト
http://www.town.okushiri.lg.jp/hotnews/detail/00000517.html
奥尻空港からの交通アクセス
島内の移動手段は主にレンタカー・ハイヤーとなります。
  • 尻観光レンタカー 01397-2-2118
  • ホンダレンタカーこばやし 01397-2-2279
  • レンタカータカダ 01397-2- 2130
観光客の多い7・8月には観光バスも運行しています。
  • 奥尻町商工観光係 01397-2-2351
  • (有)奥尻観光 01397-3-2811

北海道のその他の空港

人気の区間から格安航空券を探す

  • 札幌(新千歳)発
  • 羽田発
  • 成田発
  • 東京発
  • 名古屋(中部)発
  • 伊丹発
  • 関西発
  • 大阪発
  • 神戸発
  • 福岡発
  • 沖縄(那覇)発

全国の空港から格安航空券を探す

航空会社から格安航空券を探す

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空)
  • ピーチ(Peach)
  • ジェットスター(Jetstar)
  • バニラエア(Vanilla Air)
  • エアドゥ(AIR DO)
  • スカイマーク(SKYMARK)
  • スターフライヤー(Star Flyer)
  • ソラシド エア(Solaseed Air)
  • FDA(フジドリームエアラインズ)
  • 春秋航空日本(Spring Japan)
トラベリストの旅コラムバナー