格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

松山空港から伊丹空港へ行く方法とは?飛行機以外のアクセス方法はある?

松山空港から伊丹空港へ行く方法とは?飛行機以外のアクセス方法はある?

松山空港と伊丹空港は比較的距離が近いため、飛行機が最速のアクセス方法です。しかし、松山から大阪へ向かう際、飛行機以外にいくつかのアクセス方法があることをご存知でしたか?今回は、松山空港から伊丹空港への飛行機のアクセスに加え、他のアクセス方法について詳しくご紹介します。

この記事は2018年12月03日時点の情報をもとに執筆しています。

松山空港→伊丹空港へ飛行機でアクセスする方法

松山空港発着の伊丹空港行きの便は、ANAとJALの2大航空会社が運行しています。空港ビル内ロビーの左側にJAL、右側にANAにカウンターと自動チェックイン機が配置しているのが特徴です。松山空港はコンパクトな作りなので、迷うことはないでしょう。

伊丹空港行のANA便は1日9往復、JAL便は1日3往復の運行です。フライト時間は約45~50分と、両者に差はありません。

両者の料金を、年末年始の繁忙期と、一般の平日の閑散期で調査した結果、以下の金額となりました。


・繁忙期…約15,000~19,000円
・閑散期…約12,000~17,000円
<JAL>
・繁忙期…約16,000~19,000円
・閑散期…約10,000~19,000円

全体的に見るとJALの方がやや高いものの、ANAとは大きな差はみられません。料金もフライト時間も変わらないので、ANAとJALは個人の好みや事情で選ぶと良いでしょう。たとえば、1社に限定してマイルを貯めている、搭乗したい時間に合う便を優先するなど、人それぞれに適した航空会社を選びましょう。

松山空港→伊丹空港行きの時刻表
松山空港発伊丹空港行きの時刻表はこちらです。ANAとJALが混合しているので、どちらにするか決めるのに役立ててください。
松山空港国内線 伊丹時刻表
松山空港国内線 伊丹時刻表 より表引用

松山空港→伊丹空港へ飛行機でアクセスする方法

松山空港からLCCで伊丹空港に行ける?

松山空港もLCCが就航していますが、残念ながら伊丹空港自体がLCCに参入していないので利用できません。しかし、ピーチアビエーション(以下ピーチ)なら、松山空港から「関西国際空港」の便を運行しています。

松山空港発着の関空空港便は1日1往復と少なく、出発時刻が17時35分と遅いのがデメリットといえます。とはいえ、伊丹空港以外の選択肢がある上に、料金の安さはLCCならではの魅力です。

最安で約5,000円、高くても約10,000円程度と、ANAとJALよりも安く大阪へ行くことができます。伊丹空港とは異なりますが、松山空港から大阪へ行くもう1つのルートとして覚えておくと便利でしょう。

飛行機以外の伊丹空港までのアクセス方法

松山空港から伊丹空港へ飛行機で行く方法の他に、以下のアクセス方法が挙げられます。

電車
松山空港から伊丹空港へ電車で行く場合、「特急・新幹線・リムジンバス」と乗り継ぐ方法があります。詳しいルート内容は次の通りです。

・松山空港(リムジンバス)→JR松山駅(特急しおかぜ)→岡山(東海道新幹線)→新大阪(リムジンバス)→伊丹空港
・所要時間…約6時間
・料金…12,150円(指定席)、11,370円(自由席)

料金でANA・JALと変わりませんが、所要時間は乗り換え含めて6時間もかかります。松山空港から搭乗予定の飛行機が「欠航」してしまい、当日中に必ず大阪入りする必要がある場合、この方法を検討しても良いでしょう。

高速バス
電車のように乗り継ぎせず、楽に大阪まで行きたい場合は、「高速バス」に乗車するのがおすすめです。

松山市内と大阪方面を結ぶ高速バスは、3社のバス会社が運行しており、便数も豊富にあるのが特徴です。運行会社や所要時間などの概要は以下の通りです。

<JR四国バス・松山エクスプレス大阪号>
・所要時間…約6時間
・料金…片道6,900円、往復12,400円(JR松山駅乗車の場合)
・大阪市内バス停…JRなんば駅、JR大阪駅、USJ

<伊予鉄バス・オレンジライナーえひめ>
・所要時間…5時間40分(昼行)、7時間50分(夜行)
・料金…片道6,900円、往復12,400円(JR松山駅乗車の場合)
・大阪市内バス停…千里中央、千里ニュータウン、新大阪、USJ、大阪(阪急三番街)※便によって停車しないバス停あり

<ウィラーエクスプレス>
・所要時間…6~7時間(昼行)、9時間(夜行)
・料金…片道5,000~6,000円
・大阪市内バス停…USJ、阪急高速バス梅田ターミナル、新大阪阪急ビル

松山大阪間のバスは3社も運行しているので、時間に余裕のある方や、安く大阪まで行きたい方に最適です。また、昼行と夜行の両方の便があるので、状況に応じて使い分けをすると便利でしょう。

ただし、大阪の地理に不慣れな場合、到着してから迷ってしまうことがあるはずです。バス停も駅から離れた位置にあることも多いので、どの位置に降車バス停があるかを事前に確認しましょう。

飛行機以外の伊丹空港までのアクセス方法

まとめ

松山空港から伊丹空港まで飛行機、そして電車とバスでアクセスする方法についてご紹介しました。飛行機はわずか50分で到着するので、大阪への最速なアクセス方法といえます。

しかし、飛行機は天候に左右されやすく、遅延や欠航のデメリットが付き物です。飛行機以外のアクセス方法を知っていれば、急な予定変更でも慌てずに済みます。飛行機よりも時間がかかってしまいますが、飛行機以外にもアクセス方法があると知っていれば安心でしょう。
トラベリストの旅コラムバナー