格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

松山空港から発着するANA便とは?就航都市や料金など松山空港のフライト情報まとめ

松山空港から発着するANA便とは?就航都市や料金など松山空港のフライト情報まとめ

愛媛県松山市の空の玄関口である松山空港は、数多くの航空会社が運行する、四国の中でも規模の大きい空港です。松山空港から発着するANA(全日空)便は、どの就航都市を結んでいるのでしょうか?今回は、松山空港発着のANA便の就航都市や料金、そして他の航空会社の情報をまとめます。

この記事は2018年12月08日時点の情報をもとに執筆しています。

松山空港発着のANA便とは?

松山空港を発着するANA便は以下の5都市に就航しています。また、各就航都市の運行本数とフライト時間は次の通りです。

・札幌(新千歳)…1日1往復、約2時間
・東京(羽田)…1日6月往復、約1時間20~35分
・名古屋(中部)…1日3往復、約2時間
・大阪(伊丹)…1日9往復、約50分
・沖縄(那覇)…1日1往復、約2時間

東京と大阪、名古屋に本数が多い反面、札幌と沖縄は1日1本と少ないのが松山空港発着便の特徴です。とはいえ、東京大阪の大都市圏の便が多く設定しているので、旅行や帰省でも問題のない本数といえるでしょう。

松山空港発着のANA便のフライト料金とは?

松山空港発着のフライト料金は、他の空港と同様に、繁忙期と閑散期で差があります。そこで、平日の閑散期の料金と、年末の繁忙期の料金を比較してみましょう。

<繁忙期の料金目安>
・札幌(新千歳)…約35,000円~54,000円
・東京(羽田)…約25,000~28,000円
・名古屋(中部)…約20,000~26,000円
・大阪(伊丹)…約15,000~18,000円
・沖縄(那覇)…約24,000円

<閑散期の料金目安>
・札幌(新千歳)…約25,000円~35,000円
・東京(羽田)…約18,000~24,000円
・名古屋(中部)…約16,000~20,000円
・大阪(伊丹)…約10,000~1000円
・沖縄(那覇)…約13,000円

このように、繁忙期と閑散期の料金は、およそ3~5割もの差が生じるのです。札幌は1便しかないこともあり、およそ倍の料金になってしまいます。

ただし、この金額は「28日前」までの料金プランで、マイレージ会員などの割引がない状態の料金になります。あくまでも目安の数字になるので、参考程度に考えておいてください。

松山空港発着のANA便のフライト料金とは?

ANA便をよりお得に乗る方法はある?

繁忙期の飛行機は高いのは定着したイメージで事実ですが、次の方法を利用すればお得に予約できるのです。

75~21日前に購入する
ANAでは最長75日、55日、45日、28日、21日と、段階的にお得な料金設定の「ANAスーパーバリュー」を提案しています。これは空席予測数と連動し、空席が多いと安くなる仕組みです。そのため、予約数が少ない75日に予約・購入すると一番お得にチケットが手に入ります。

料金がお得になるのがメリットのプランですが、以下のポイントは注意が必要です。

・名義や予約時刻の変更などは一切不可(当日に空席があっても不可)
・キャンセルは搭乗日54日以降から30~100%の取消手数料が発生する(搭乗日55日前までは取消手数料無料・払戻手数料430円を徴収)

ANAスーパーバリューの予約は取消手数料がかかるので、直前の予定変更が予想される場合は避けた方がいいかもしれません。しかし、病気などのやむを得ない理由の場合、予約変更や全額返金などの特例があるので安心です。

マイレージクラブ会員になる
ANAのマイレージクラブ会員になると、「355日前」から先行して予約することが可能です。マイレージクラブ会員は登録無料なので、ANAに搭乗する際は会員になっておいて損はないでしょう。

マイレージクラブカードは、クレジット機能なしの通常タイプと、クレジット機能付きの2種類があります。クレジット付きはフライト以外のショッピングでもマイルがたまるので、よりお得にマイルを貯めることが可能です。

タイムセールを利用する
期間限定で不定期に開催するタイムセールでは、専用のウェブサイト上で予約、購入する方法です。過去のタイムセールでは、松山発着便は次のような料金で発売されました。(一部の便のみ適用)

・札幌(新千歳)…21,500円~
・東京(羽田)…8,700円~
・沖縄(那覇)…10,200円~

札幌と沖縄は閑散期と差はありませんが、東京便はかなりお得に搭乗できます。ただし、他のプランは2日前が支払い期限となっていますが、タイムセールに限っては期限が「当日」なので、払い忘れのないようにしましょう。

格安航空券比較サイトを利用する
ANA便に加え、他の便も選択肢に入れている方は、格安航空券比較サイトを利用するのがおすすめです。他社の航空会社(LCC含む)を一度に比較できるので、最安値のチケットを簡単に探すことができます。

ANA便をよりお得に乗る方法はある?

松山空港にANA便以外のフライトはある?

ANA便を中心にご紹介しましたが、松山空港にはANAの他に5社の航空会社が参入しています。

・JAL…東京(羽田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島
・ジェットスター…東京(成田)
・ピーチアビエーション…大阪(関西)
・チェジュ航空…ソウル
・中国東方航空…上海

ANAでは就航していない、JALの福岡や鹿児島に加え、LCCであるジェットスターやピーチの国内線も就航しています。

松山空港は日本国内と四国を繋ぐ、重要な拠点といっても過言ではありません。また、ソウルと上海行の国際線も就航しており、外国からくる観光客を四国に呼ぶ役割も果たしているといえるでしょう。

まとめ

松山空港のANA便の就航都市と料金、お得な予約方法までをご紹介しましたが、いかがでしたか?

四国と日本全国、ソウルと上海といった、多彩なフライトが松山空港の大きな特徴です。

また、ANAは予約を早め早めにすると、よりお得にチケットを入手できます。松山へ行くことが決まったら、すぐに飛行機の手配を行いましょう。
トラベリストの旅コラムバナー