格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

屋久島空港の就航路線とアクセス方法とは?屋久島の島内の交通手段も合わせてご紹介

屋久島空港の就航路線とアクセス方法とは?屋久島の島内の交通手段も合わせてご紹介

屋久島は鹿児島県に属する小さな島で、自然世界遺産に登録されたことで一躍有名になりました。屋久島は近隣の島と橋で繋がっていないため、陸路で行くことは不可能です。そのため、屋久島へは飛行機で行くのが一般的ですが、どの空港に就航しているかご存知ですか?今回は、屋久島空港の就航路線や時刻表など、屋久島へのアクセス方法についてご紹介します。

この記事は2018年12月26日時点の情報をもとに執筆しています。

屋久島空港の就航路線はどの空港がある?

屋久島空港の航空会社は、鹿児島県~沖縄那覇間にある島々に就航する、JAL運営の「ジャパン・エア・コミューター」です。屋久島空港への直行便は以下の3都市に就航しており、便数とフライト時間は次の通りです。

・大阪(伊丹)…1日1往復、約1時間半
・福岡…1日1往復、約1時間5分
・鹿児島…1日6往復、約40分

東京や札幌などから向かう場合は、このいずれかの空港から乗り継ぐ必要があります。大阪(伊丹)と福岡は1日1往復なので、鹿児島以外から乗り継ぐ場合は、時間に余裕を持ったフライトスケジュールを設定しましょう。

離島の小さい空港でも小回りが利くよう、機体はすべてプロペラ機を導入しているのが大きな特徴です。最小クラスの座席数は36席、最大で74席と、ジャンボジェット機よりいかに小さいかが分かるでしょう。

しかし、座席数が圧倒的に少ないことから、夏休みの旅行や帰省するお盆や年末年始の繁忙期は、すぐに座席が埋まることが予想されます。屋久島へ行く予定が決まり次第、航空券を優先して取ることが重要です。

屋久島空港の就航路線はどの空港がある?

屋久島空港の時刻表

屋久島空港発着の時刻表はこちらです。時期によって使用する機体の種類や出発時間が異なるので、予約の際は注意しましょう。

以下のJALのページから、最新の時刻表をダウンロードできます。

国内線時刻表・スケジュール - JAL国内線
https://www.jal.co.jp/dom/route/time/

飛行機以外で屋久島にアクセスする方法

屋久島へのもう1つのアクセス方法は、鹿児島港から「フェリー・高速船」で行く方法です。屋久島行きのフェリーは3種類の便があり、1日1~2便を運行しています。屋久島行きの名称と、所要時間は次の通りです。

・フェリーはいびすかす…鹿児島谷山港~島間港(種子島)経由~宮之浦港(11時間)
・フェリー屋久島2…鹿児島港~宮之浦港(約4時間)
・高速船トッピー&ロケット…鹿児島~宮之浦港(約1時間50分)
※指宿港、西之表港(種子島)経由の便もあり

フェリーは自家用車を積むことが可能なので、屋久島に到着してからそのまま移動することがメリットです。

飛行機以外で屋久島にアクセスする方法

屋久島空港に到着してからのアクセス方法

屋久島の島内のアクセス方法は、以下の5つがあります。それぞれに魅力やメリットがあるので、屋久島観光の参考にしてみてください。

路線バス
路線バスは島内住民の重要な公共交通機関で、島を一周する形で走っています。

また、有名な屋久杉の1つである「紀元杉」、映画・もののけ姫のイメージとなった「白谷雲水峡」など、路線バスは観光の足として活躍するでしょう。観光で路線バスを使用するなら、1日か2日が乗り放題になる、フリー乗車券がおすすめです。

タクシー
島内には3社のタクシー会社がありますが、空港から各所への移動は待機しているタクシーがあります。

しかし、空港や港などの主要地点を除き、屋久島のタクシーは「呼び出し」が基本です。一般的な流しのタクシーがないので、ホテルからタクシーに乗る場合は手配が必要なので注意しましょう。

レンタカー
路線バスしか交通機関期間がない分、レンタカー会社は11社と豊富にあるのが特徴です。

空港からレンタカーを乗ることが可能なので、ホテルに向かって一休みしてから、観光に行くのも簡単にできます。

また、路線バスの停留所がない場所も自由に行けるので、屋久島を遊びつくすならレンタカーが最適です。

観光バス
観光バスは1日と半日でコースが設定されており、バスガイドが添乗する本格的なツアーバスです。

屋久島の説明を聞きながら、主要な観光地を効率よく巡ることができるのは観光バスならではの魅力でしょう。滞在日数が短い方や、免許を持たない方におすすめの移動手段といえます。

レンタサイクル
レンタサイクルは、気候の良い時期に風を切って走るのはとても心地よいものです。

島内を1周すると、車では通り過ぎてしまうような風景を見つけられるかもしれません。貸し出しの自転車は山道でも走れるよう、ギア付きのクロスバイクになっているので屋久島を楽に回れまます。

レンタサイクルの貸し出しは観光センターなどの施設で行っており、利用料金はバイクの種類によって1日800~3000円と幅があるのが特徴です。

利用の際は、バイクの特徴などを聞いて確認してから借りることをおすすめします。

まとめ

屋久島空港発着の就航路線と、島内のアクセス方法について、お分かりいただけましたか?

屋久島空港へのフライトは便の本数と座席数のキャパシティーが少ないので、なるべく早めに予約するのが望ましいでしょう。

また、フェリーと高速船で行く方法もあるので、九州にお住いの方におすすめのアクセス方法といえます。

島内の移動手段の方法はいくつかあるので、楽に移動できる方法を選びましょう。

格安航空券情報

九州の格安航空券情報

屋久島行きの格安航空券情報

屋久島行きを運行している航空会社

  • JAL(日本航空)

屋久島行きの航路がある空港

トラベリストの旅コラムバナー