格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

富山空港からバスで快適に旅しよう。乗り場から乗り換え情報まで

富山空港からバスで快適に旅しよう。乗り場から乗り換え情報まで

富山空港から各地に移動する際には、バスでの移動が便利です。富山駅や各観光地に向かう路線の1日の運行本数や運賃、乗り換えでのアクセス方法をまとめました。バス乗り場や運賃支払い方法を事前に確認し、スムーズな利用を目指しましょう。

この記事は2019年01月17日時点の情報をもとに執筆しています。

富山空港からのバスは2方面へ

富山空港からのバスは、『富山駅行き』と『新穂高・平湯温泉行き』の2方向に分かれています。それぞれ、1日の運行本数や時刻表などの情報をまとめました。

目的地に合わせて、うまく使い分けるとよいでしょう。

富山空港からのバスは2方面へ

富山駅行きは直行便と各駅停車の2種類

富山駅行きのバスは、直行便と各駅停車の2種類があります。運賃は一律410円です。空港出発時間は、朝6時台から夜20時台となっています。

富山空港発の直行便は1日9便ほど、各駅停車は1日10便ほどなので、時間帯と合わせて確認しておきましょう。

複数回バスに乗車する場合は、回数券を購入するとお得です。5枚綴りで1740円となっています。

バスを運行しているのは、富山地方鉄道株式会社です。下記公式HPに、バス停や路線図、時刻表などがあるので確認しておくとよいでしょう。

主要ホテルと最寄りバス停についても記載されているため、宿泊地を選ぶ際にも参考にすると便利です。

公式HP:https://www.chitetsu.co.jp/?page_id=733

平日・休日でダイヤが異なる

富山空港線バスは、平日と休日でダイヤが異なります。曜日によっては、運行のない時間帯があるため、確認しておいた方が無難でしょう。特に、昼前後の時間帯のダイヤに変動があるため注意が必要です。

富山地方鉄道の公式HPに、時刻表が掲載されています。時期ごとに更新されるため、スケジュールを組みたい人は事前に確認しておくのがおすすめです。

新穂高・平湯温泉行きは1日3本

富山空港から新穂高・平湯温泉行きの運行は、1日3本となっています。富山空港出発時間は、朝10時台・14時台・16時台です。

新穂高にはロープウェイがあり、アルプス山脈に囲まれた豊かな自然が眼下に広がる、人気の観光スポットです。富山空港から新穂高ロープウェイまでは、片道2060円となっています。

平湯温泉は、奥飛騨の中でも最古の歴史ある温泉とされており、治療温泉としても人気を集めています。富山空港から平湯温泉までは、同じく片道2060円です。

バスを運行しているのは、富山地方鉄道の他、濃飛乗合自動車株式会社です。こちらも公式HPでバス停や路線図、時刻表を確認しておくとよいでしょう。

公式HP:https://www.nouhibus.co.jp/

その他の方面への便利なアクセス方法は

富山空港からは、他にも人気観光地へのアクセスが可能です。

日本三大庭園の一つ兼六園で人気の『金沢』、国宝・瑞龍寺(ずいりゅうじ)や高岡城跡など歴史スポットが多い『高岡』、国内最大のチューリップ園がある『砺波(となみ)』へのアクセス方法について紹介します。

目的地ごとに、ベストな方法でスムーズに移動しましょう。

その他の方面への便利なアクセス方法は

金沢へは総曲輪で高速バスに乗り換えて

富山空港から金沢に移動する場合は、富山駅もしくは総曲輪(そうがわ)で乗り換えるとよいでしょう。富山駅からは、新幹線や鉄道を利用することになりますが、総曲輪で乗り換えれば『ちてつ高速バス』を利用できます。

予約不要で、平日18往復、休日20往復もの便が運行しているうえに、片道930円均一となっており、非常にリーズナブルです。

富山空港から総曲輪までは、富山地鉄バスで約20分、そこから金沢駅までは約60分で到着します。

公式HP:https://www.chitetsu.co.jp/?page_id=754

高岡・砺波へは乗合タクシーも使える

富山空港から高岡や砺波へ移動する場合、空港連絡乗り合いタクシー『そらタク』が利用できます。

そらタクは、タクシータイプの車両に複数の乗客が乗り合わせ、エリア内の目的地を順に回る、というサービスです。通常のタクシーよりもリーズナブルになるうえ、エリア内であればどこでも乗下車が可能な点がメリットといえます。

利用日の前日、17時までに予約する必要があるため、利用を希望する人は、下記公式HPを確認しておきましょう。

公式HP:https://www.toyama-airport.jp/1836

スムーズな移動のためにチェックしたいこと

初めて訪れる場所では、バス乗り場の場所がわからず、迷って時間をロスしたり、結果的に乗車する予定だった便に乗り遅れたり、といったハプニングが起こりがちです。

また、運賃の支払い方法がわからずにバスに乗ると、スムーズな乗降が難しいでしょう。

バス乗り場の場所と、運賃の支払い方法についてまとめたので、事前に確認しておくことをおすすめします。

スムーズな移動のためにチェックしたいこと

バス乗り場の場所は

富山空港のバス乗り場は、空港ターミナルビルを出てすぐ目の前にあります。行き先によってバス停が異なり、富山駅前行きであれば1番乗り場、神岡・新穂高・平湯行きであれば2番乗り場なので、間違えないようにしましょう。

乗合タクシーの乗り場は、1番乗り場と2番乗り場の間です。利用する可能性があれば、合わせてチェックしておくとよいでしょう。

富山空港の公式HPに、乗り場マップが掲載されています。

公式HP:https://www.toyama-airport.co.jp/access/bus

SuicaやICOKAは使える?

交通系ICカードは、乗車するバスによって使用可能かどうかが異なります。富山地方鉄道の路線バスで使えるICカードは『えこまいか』であり、SuicaやICOKAは使用できません。

濃飛バスや、平湯方面などの特急バスはICカード全般使うことができないため注意しましょう。

まとめ

富山空港からバスで各地に移動する際のアクセスの仕方や料金、所要時間についてまとめました。

富山空港からは金沢・高岡・砺波など、人気の観光地に行けるため、高速バスや乗合タクシーなどをうまく使って移動することをおすすめします。

目的地に合わせて移動手段を選び、快適な旅を目指しましょう。

格安航空券情報

信越・北陸の格安航空券情報

富山行きの格安航空券情報

富山行きを運行している航空会社

  • ANA(全日空)

富山行きの航路がある空港

トラベリストの旅コラムバナー