格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

<2018年>帯広空港で買えるオススメのお土産!

<2018年>帯広空港で買えるオススメのお土産!

国内旅行で常に人気の高い北海道。帯広は北海道の東部の広大な十勝平野に位置していて、広大な自然が広がっています。酪農がさかんな十勝・帯広エリアでは新鮮な生乳から作られた乳製品や、美味しいスイーツがたくさんあります。 帯広はスイーツ王国といわれることもあり、甘い物好きの方にはあれもこれも食べてみたくなる美味しいスイーツが勢揃い!北海道にきたからには、新鮮なミルクをつかった製品もぜひ試してみたいですよね。 そこで、帯広空港で買えるオススメのお土産を紹介します!

この記事は2018年10月15日時点の情報をもとに執筆しています。

六花亭 「とかち帯広発」 「サクサクパイ」

北海道のお土産で有名なバターサンドのメーカー。六花亭は帯広に本社があります。

その六花亭の限定商品が、帯広空港で手に入ります。商品名は「とかち帯広発」と「サクサクパイ」です。

「とかち帯広発」は、サクサクしたパイの間に、ラズベリーチーズクリームとホワイト生チョコレートがサンドされています。ラズベリー酸味とホワイト生チョコレートの甘みが
マッチしている商品です。

「サクサクパイ」は、コロネのような細長いパイの中に絞りたてのカスタードクリームがぎゅっと詰まっていて、サクサクのパイとフワフワのクリームの食感を楽しむことができます。

サクサクパイは賞味期限があり、なんと3時間!どちらの商品もできたてを楽しむことができますよ。

柳月「三方六(さんぽうろく)」

柳月は北海道・帯広に昭和22年に創業した老舗菓子店です。「三方六」という名前のバームクーヘンは柳月を代表するお菓子で、発売以来ずっと愛され続けているロングセラー商品です。

ミルクチョコレートとホワイトチョコレート、2つのチョコレートでバームクーヘンの表面をコーティングすることで、白樺の薪を表現しています。

材料のバター・卵・砂糖は全て北海道産で、旨味を閉じ込める独自の製法でつくられており、しっとりした食感にはまるファンがたくさんいます。

十勝しんむら牧場 「ミルクジャム」

十勝しんむら牧場のミルクジャムは原料は新鮮なミルクと砂糖のみで大地の恵みを味わえます。

もともとミルクジャムはフランスの農村部で作られていた保存食で、牛乳と砂糖を煮詰めるだけのシンプルなレシピですが、その分素材の鮮度や作り手の技術の影響が大きくなります。

十勝しんむら牧場では牛を放牧して育てており、牛のエサとなる草にこだわるためにも
まず土づくりからこだわっているという徹底ぶりです。

テレビでも何度も紹介されている人気商品で、保存料も使用されていないため小さなお子様も安心して召し上がれます。

のびのびと育った牛達のミルクがぎゅっと詰まったミルクジャム、ぜひお土産にしてみませんか。

クランベリー 「スイートポテト」

クランベリーは1972年に北海道・帯広で創業した洋菓子店で帯広市内に5店舗展開されています。酪農がさかんな十勝・帯広エリアでは美味しい洋菓子店がたくさんありますが、その中でもクランベリーのスイートポテトは代表的なスイーツです。

クランベリーのスイートポテトは創業時から愛されている看板商品で素材の味を活かされていて甘さは控えめのやさしい味わいです。

なんと一つ一つ手作りされていて、さつまいもの皮を容器として使っているスイートポテトです。皮の上には特製のクリームとポテトフィリングが詰まっており、見た目も珍しいですし、大きさも大満足です!

お芋の大きさで量り売りをされています。

十勝トテッポ工房 「ナチュラルチーズケーキ」

十勝トテッポ工房は北海道十勝にある小さなお菓子屋さんです。「トテッポ」という名前の由来ですが、農業や酪農がさかんだった十勝で砂糖の原料になるビート(甜菜)を蒸気機関車で運んでおり、現在は全線廃線となっているその機関車の名前が「とてっぽ」だったそうです。

十勝トテッポ工房で使うチーズは100%北海道産、また牛乳や生クリーム、砂糖や卵などスイーツの材料も全て北海道産でこだわっているそう。

十勝トテッポ工房で一番人気の商品はナチュラルチーズケーキ。北海道フロマージュは北海道産の3種のチーズを独自にブレンドして、チーズの美味しさを堪能できるチーズケーキです。

また、北海道フロマージュにカマンベールをくわえた「カマンベール」も販売されており、2種類どちらも入ったアソートも人気があります。2つの味を食べ比べてみましょう。

あすなろファーミング 「飲むヨーグルト」

あすなろファーミングは日高山脈の麓にある十勝・清水町の牧場です。土づくり、草づくり、牛づくりにこだわり、農薬や化学肥料を一切使わないリサイクル農業を進めています。

牛にストレスがかからない放牧スタイルで育てており、春夏秋冬の季節を感じる牛乳です。

飼料は国内飼料のみで遺伝子組換え作物は使わず、牛乳はゆっくり丁寧に低温殺菌されています。

あすなろファーミングの牛乳はノンホモ牛乳という、ゆっくり消化されてお腹に優しく風味も良い、より自然に近い牛乳です。

そんな牧場の生乳を100%使った「飲むヨーグルト」は飲みやすいけどコクがあり、まろやかな味わいです。

北海道土産としても、とても人気があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。食が美味しい北海道では、原材料からこだわった美味しい商品がたくさんあって、お土産を選ぶのも迷ってしまいますね。

本州ではなかなか味わえない北海道の味わいを、ぜひお持ち帰りして堪能しましょう。

まとめ

格安航空券情報

北海道の格安航空券情報

帯広行きの格安航空券情報

帯広行きを運行している航空会社

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空)
  • エアドゥ(AIR DO)

帯広行きの航路がある空港

トラベリストの旅コラムバナー