格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

お気に入り
point_icoポイント
トラベリスト -TRAVELIST- 格安航空券の検索・予約
ゲストさん
会員ランク:なし
なし

宮崎空港からのアクセスも抜群!宮崎でオススメの温泉4カ所

宮崎空港からのアクセスも抜群!宮崎でオススメの温泉4カ所

旅先では温泉でゆっくり過ごしたいと思う人も多いですよね。 宮崎県内にも、名湯でリフレッシュできる温泉地・温泉宿がありますが、飛行機を使って宮崎を訪れる場合は「なるべく宮崎空港から行きやすい温泉にしたい」と考えるかもしれません。 そこで今回は、宮崎空港からのアクセスがしやすい温泉地を中心に、宮崎でオススメの温泉4カ所をご紹介します。

この記事は2018年12月22日時点の情報をもとに執筆しています。

青島温泉

太平洋に浮かぶ小さな島に神社が建てられ、パワースポットとしても名高い青島。
青島温泉は江戸時代に飫肥(おび)藩の殿様が入湯した温泉としても知られています。

日本全国でもトップクラスの炭酸水素イオンを含む炭酸水素塩泉の温泉はぬるっとした肌触りですが、湯上り後にはすべすべの美肌になります。温泉湯は神経痛、筋肉痛、五十肩、慢性消化器病などに効能があります。

青島の高台に建ち、洞窟の中で入浴している気分を味わえる「洞窟風呂」や、入った瞬間にあふれ出る湯に贅沢さを感じられる「壺風呂」。
さまざまなユニークなお風呂を楽しめる「健康ランド華の湯 ルートイン グランティアあおしま太陽閣」など、それぞれの特色を持ったホテルや旅館も魅力です。

ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎 公式ホームページ
https://www.anahirmiyazaki.com


健康ランド華の湯 ルートイン グランティアあおしま太陽閣 公式ホームページ
https://www.hotel-grantia.co.jp/aoshima/spa/

青島温泉

たまゆらの湯

宮崎市街地の中心部、大淀川河畔に湧出する温泉「たまゆらの湯」。

この大淀河畔の橘公園の風景は日本を代表する作家「川端康成」にも愛され、小説「たまゆら」の舞台に書き下ろされた場所としても知られています。この小説のタイトルに由来して、温泉の名前も「たまゆらの湯」と名付けられました。

「たまゆら(玉響)」とは、もともとは古代のアクセサリーである勾玉(まがたま)が擦れあうときに生じるかすかな音のこと。現在では“しばしの時間”“ほのかな風情”を表す言葉として使われています。

地下1300メートルの古代四万十層から湧き出す毎分200リットル、摂氏45.6度のナトリウムが多く含まれた温泉湯は、湯上りがしっとりして美肌になると話題です。

温泉を引く「宮崎観光ホテル」「ホテル金住」では、どちらも日帰り入浴も可能なので、気軽に立ち寄って温泉を楽しむこともできます。「ホテル金住」の裏手には、足湯もあります。


「たまゆらの湯」公式ホームページ
http://www.tamayura.net/

ホテル金住 公式ホームページ
http://www.kanezumi.co.jp/

宮崎観光ホテル 公式ホームページ
https://www.miyakan-h.com/

フェニックス・シーガイア・リゾート宮崎

宮崎空港から車で20分の場所に位置する「フェニックス・シーガイア・リゾート宮崎」は、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」「ラグゼーツ葉」「コテージ・ヒムカ」という、タイプの異なる3つのホテルやスポーツ施設から成るリゾート地。

シーガイアという名前は、英語で海を表す「Sea」と地球を表す「Gaia」を組み合わせた造語です。

リゾート内には地下1000mの深さ・1千万年前の地層から湧き出ている塩化物強塩泉があり、温泉を楽しむことができる施設が「松泉宮(しょうせんきゅう)」です。

日本神話からインスピレーションを得て、和の伝統様式を取り入れて設計されたという松泉宮では、さまざまなこだわりのお風呂を堪能できます。

湯船からの風景を綿津見(ワタツミ)の世界に見立てて露天の外には池を配し、天井には宮崎の伝統技術「大島塗り」が広がる「前の湯 新月」、松林に囲まれて夜にはライトアップも楽しめる「奥の湯 月読」、読書やうたた寝をしたい人にはピッタリの「離れ湯」など。
古代のロマンを感じながら優雅な休日を過ごしたい人にオススメの温泉リゾートです。

松泉宮 公式ホームページ
https://www.seagaia.co.jp/japanese/hotel/shosenkyu.html

フェニックス・シーガイア・リゾート宮崎

神の郷温泉

最後にご紹介するのは、「神の郷(かんのごう)温泉」。
宮崎空港からは少し距離があるのですが、人里離れた静かな場所でゆっくりしたいという人にはイチオシの温泉です。

北霧島の裾野、杉木立の緑に包まれた、のどかな自然の中にある温泉です。

毎分2000リットルという全国的に見ても圧倒的な湯量を誇る温泉を掛け流しで楽しむことができ、その効能は「慢性消化器病」「神経痛」「関節痛」「慢性皮膚病」など、飲用では「糖尿病」「肝臓病」「痛風」など、大変万能であることも特徴です。

温泉を楽しみながら、春には「牧の桜まつり」、名水100選の出の山湧水の「ほたるまつり」、ジオパーク認定を受けている霧島連山への登山、「えびの高原」への紅葉狩り、ブドウ狩りなど、美しい四季の風景やイベントも満喫できます。

宮崎空港からは「宮崎交通 小林行」バスで1時間40分ほど。

神の郷温泉 公式ホームページ
https://kannogou.amebaownd.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。どの温泉地もそれぞれに魅力があり、ゆっくりとリラックスした時間を過ごせること間違いなしです。

宮崎の温泉地を旅行先として考えている方は、是非参考にしてみてください。
トラベリストの旅コラムバナー