格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

能登空港から各地への交通手段は?バスはどう?調べてみました

能登空港から各地への交通手段は?バスはどう?調べてみました

能登空港(愛称:のと里山空港)は東京羽田まで約1時間で行くことができる便利な空港で、能登半島の観光拠点としても多くの人が訪れる人気の空港です。能登空港へ行く際、もしくは能登空港から観光地へ向かう際にバスを利用する方も多いと思いますので、ここでは能登空港のバスでのアクセス方法についてご紹介します。

この記事は2019年02月01日時点の情報をもとに執筆しています。

能登空港から金沢・穴水・輪島へ向かうバスについて

能登空港からは能登半島東部の珠洲市、北部の輪島市、能登空港の南西に位置する七尾北湾の面した穴水町、それから金沢駅がバスで結ばれています。

能登空港に向かうバスのうち、金沢→穴水・(のと里山空港)・輪島線、輪島・(のと里山空港)・穴水→金沢は、輪島特急線と呼ばれる特急バス路線となっています。航空機の到着に合わせて利用可能なバスは以下の通りです。
※2019年2月調査時点の到着時間です。ご利用の際は北陸鉄道株式会社の公式サイトなどでご確認ください。

能登空港到着便で利用可能な路線バス

詳しくは北陸鉄道株式会社のHPをご確認ください。

【北陸鉄道株式会社】高速・特急バス情報
http://www.hokutetsu.co.jp/highway-bus#noto_line

能登空港から金沢・穴水・輪島へ向かうバスについて

能登空港出発便に合わせて運行されているバスは?

今度は逆に能登空港に向かうバスを調べてみました。輪島特急線、路線バスのうち、能登空港出発便に合わせて利用が可能な便は以下の通りです。

能登空港到着便で利用可能な路線バス

こちらも詳細は北陸鉄道株式会社のHPをご確認ください。
【北陸鉄道株式会社】高速・特急バス情報
http://www.hokutetsu.co.jp/highway-bus#noto_line

能登空港へのアクセスはふるさとタクシーが便利!

実は能登空港からの移動は、バスよりもふるさとタクシーと呼ばれる乗合タクシーでの移動が一般的です。ふるさとタクシーは複数の乗客の相乗りによるジャンボタクシー。飛行機の発着に合わせて、運行されており、経路は乗客の行き先に合わせて毎回変更となります。1名からでも定額で運行してくれ、希望する乗降場所で停車してくれます。

料金は定額制となっており、能登空港から目的地への距離によって異なります。
能登空港に近い輪島市・能登町・穴水町は900円、輪島市門前地区・珠洲市・能登町内浦地区は1300円、和倉温泉のある七尾市、お隣の中能登町へは1600円、能登半島西南部の志賀町・羽咋市・宝達志水町へは2100円となっています。
運行しているタクシー会社も目的地によって異なりますので、予約の際確認しておきましょう。

【ふるさとタクシー 電話予約】

ふるさとタクシー 電話予約

【ふるさとタクシー】
インターネット予約
https://noto-airport.net/access/furutaku_internet01.html

まとめ

能登空港からの移動はバス利用も可能ではありますが、より使い勝手がいいのは、ふるさとタクシー(乗合タクシー)です。電話かインターネットでの事前予約が必要ですが、予約していなくても座席に余裕があれば大抵の場合は利用が可能とのこと。予約していなかった場合は、タクシー乗り場で運転手さんに確認してみましょう。能登空港に向かう場合も前日までに予約をすれば希望の場所まで迎えにきてもらえます。

能登空港から輪島温泉、和倉温泉などの温泉地でのんびり一泊という旅なら、地元の道をよく知る運転手さんにお任せできる乗合タクシーがオススメです。

格安航空券情報

信越・北陸の格安航空券情報

能登行きの格安航空券情報

能登行きを運行している航空会社

  • ANA(全日空)

能登行きの航路がある空港

トラベリストの旅コラムバナー