格安航空券・飛行機チケット・LCCの予約

トラベリスの旅コラム
  1. 格安航空券トップ > 
  2. トラベリスの旅コラム > 
  3. 何でもランキング > 
  4. 日本全国で最も湯量が豊富な温泉地ベスト5
2015年01月12日 何でもランキング

日本全国で最も湯量が豊富な温泉地ベスト5

a1810_000008

寒さが増してくるこの季節。湯けむり上げるあったか~い温泉に入って、おいしい料理を食べて、ゆっくりした~いとお考えの方も多いのでは。そこで今回は、温泉大国、日本が誇る温泉地別湧出量をご紹介! 果たしてどの温泉がトップの座を獲得したのでしょうか。

九州の温泉地が1・2位を独占!

関東の草津や箱根、関西の有馬や城崎、北海道の登別や九州の湯布院など、全国に有名・人気温泉地が点在する温泉天国・日本。その温泉が湧く量、湧出量日本一に輝いたのは、大分県の別府温泉。毎分約8万3000リットルの湧出量を誇り、ドラム缶で約415本分もの量に。

街のいたるところから湯けむりが上がり、「別府八湯」と呼ばれる別府や明礬(みょうばん)、鉄輪(かんなわ)などの温泉地から形成され、公共浴場数も100を超えるというから驚き。真っ赤な色をした“血の池地獄”やコバルトブルーをした“海地獄”などを見学できる “地獄めぐり”が観光の目玉となっています。

第2位は、同じく大分県から湯布院温泉がランクイン。別府温泉に比べると湧出量は約半分の毎分約4万4000リットル。由布岳の麓に広がり、個性豊かなショップや和風モダンを打ち出す旅館が点在。いわゆる旅館やみやげ物屋が連なる温泉地とは一線を画して、のどかな自然を感じながらのんびりと過ごせる、女性に人気の温泉地です。

第3位は岐阜県の奥飛騨温泉。聞き馴染みは薄いかもしれませんが、長野県との県境に広がる温泉で、平湯や福地、新平湯など、5つの温泉地からなっています。北アルプスの大自然を肌で感じる、野趣満点の露天風呂が多いことなどでも知られています。全国的に知名度の高い伊東温泉や草津温泉は次点に。ちなみに動力を使わない自然湧出量では、群馬県の草津温泉が毎分約3万2000リットルで1位、2位が毎分約1万5000リットルで別府温泉になります。

順位 温泉地名 湧出量(リットル/分)
1 別府温泉(大分県) 83058
2 湯布院温泉(大分県) 44486
3 奥飛騨温泉(岐阜県) 36904
4 伊東温泉(静岡県 34081
5 草津温泉(群馬県) 32300
  

トラベリスの旅コラム 記事一覧ページへ戻る

トラベリスの旅コラム 記事一覧ページへ戻る