格安航空券・飛行機チケット・LCCの予約

トラベリスの旅コラム
  1. 格安航空券トップ > 
  2. トラベリスの旅コラム > 
  3. エアライン豆知識 > 
  4. 旅行が安い時期はいつ?お得に行ける時期・方法を紹介
2019年03月08日 エアライン豆知識

旅行が安い時期はいつ?お得に行ける時期・方法を紹介

01

同じ旅行先でも、時期によって大きく変わる航空運賃や宿泊費。どうせ行くなら安い時期を狙ってお得に行きたいですよね。では、旅行が安くなる時期は1年のうちでどの時期なのでしょうか?ここでは、旅行が安い時期や海外旅行の場合に気をつけたいポイント、そして価格が高い時期でもできるだけ安く行く方法をご紹介します。

 

旅行者が多くなると料金は高くなる

旅行業界では、旅行者が多くなる時期をオンシーズンといい、反対に旅行者が少なくなる時期をオフシーズンといいます。

オンシーズンには、航空運賃やホテル料金など、旅行に関わる全般的な料金が高くなる傾向があります。安い時期を狙うなら、できればオンシーズンを避けたいところ。では、オンシーズンとはいつなのでしょうか?

一般的に学校や企業が休みになる、以下のような大型連休はオンシーズンとなります。

・年末年始(12月末~1月初め)
・ゴールデンウィーク(4月末~5月初め)
・夏休み(7月中旬〜9月中旬)
・お盆休み(8月15日前後)
・シルバーウィーク(9月の第3月曜日前後)
・冬休み(2月上旬〜4月上旬)

これらの時期は旅行者が増えるので、航空運賃やホテル料金が高くなることが多いのが特徴。もしオンシーズンに旅行に行く場合は、少しでも安く行く方法を後述しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

旅行が安くなる時期は?

02

 それでは1年の中で旅行の費用が安くなる時期とはいつでしょう?ここでは、比較的費用が抑えられる4つの時期をご紹介します。

1月中旬~2月下旬 

年末年始の連休が終わると、仕事や学校が始まります。仕事初めということで、この時期は仕事が休めないという人が多く、気候面でも1年で1番寒くなるので、旅行者が減少するオフシーズンとなります。ホテルや旅行会社も閑散期に対応すべく、利益率を下げてでもお得なプランを展開しているので、狙い目の時期となります。

ただし気温も低く寒いので、ウィンタースポーツ以外の旅行には決していいシーズンとはいえません。積雪での飛行機の欠航・遅延が起きる確率が高まるので、この時期を選ぶのであれば、現地での天候も要チェックです。

また、3月に旅行業界(ホテル、旅行会社、航空会社)は決算期をむかえるため、2月あたりから3月にかけて、売り上げを少しでも伸ばそうと格安料金や決算セールを打ち出す場合もあります。特に、旅行会社のパッケージツアーは、オンシーズンに比べて破格の値段で出回る可能性が高くなっています。

 

4月中旬~ゴールデンウィーク前まで 

4月の第1週目はまだ春休みシーズンですが、新生活がスタートする4月中旬からは、休みが取りにくく、オフシーズンとなり料金は安くなります。気温が暖かく旅行しやすい時期なので、1月中旬のオフシーズンと比較すると、料金はやや高めに設定されています。

この時期は気候も穏やかで料金も安い、まさにベストシーズンと言えるでしょう。

ただ4月中旬は場所によっては、まだ桜の見頃時期でもあるので、お花見の人気スポットは高めの料金が設定されており、早くから予約も埋まっている場合があるので注意が必要です。

 

5月中旬~6月下旬

旅行需要のピークであるゴールデンウィークが終わってから夏休み前までの時期も、旅行者がガクッと減る時期。さらに、5月下旬には九州地方から徐々に梅雨の時期に突入するので、観光地では夏休みのオンシーズンに向け人員を増やしているにも関わらず、旅行者が少なくなるという穴場的な時期になっています。ホテルや旅行会社は、予約数に応じてお得になるキャンペーンやプランを打ち出すことが多くなります。

6月中旬ごろの沖縄は本土よりも先に梅雨も明けているので、安い価格で夏を先取りできる絶好のチャンスです。

 

12月上旬

秋の紅葉シーズンが終わる12月上旬は、師走に向けて仕事が段々と忙しくなることもあり、旅行需要は一旦落ち着き料金も安くなります。

この時期は、まだまだ本格的な寒さを迎えておらず、海鮮がグッと美味しくなるころ。景色は楽しめないかもしれませんが、グルメツアーにはもってこいの時期です。この頃狙い目なのは、グルメ&温泉の格安パッケージツアーです。観光客少なめの温泉地で、ゆったりと温泉とグルメの堪能してみてはいかがでしょう。。

 

海外旅行の場合は、現地の風習や気候も考慮する

03

ここまでは、国内旅行を中心に紹介してきましたが、次は海外旅行の場合に気を付けるポイントをご紹介します。

海外旅行の場合もオンシーズン・オフシーズンの時期は、国内旅行と基本的には同じですが、現地国内が祝日や連休、大きなイベントが開催される場合は、オンシーズンとなり料金が高くなる傾向に。滞在予定先の国のカレンダー事情も考慮して、安くなる時期を見極める必要があります。

それでは、海外旅行で人気エリアの気を付けるべき時期をみていきましょう。

 

アメリカ

独立記念日(7月4日)と感謝祭(11月の第4木曜日)はアメリカ各地で盛大なパレードやイベントが行われ、世界中から観光客が訪れるので航空券もホテルの料金も跳ね上がります。また、重要な国際会議が開かれる時期も料金が高くなるので、こちらもチェックしておきましょう。

 

東アジア

東アジアを旅行する場合は、旧正月に気を付ける必要があります。「春節」と呼ばれる中国の旧正月は有名ですが、中国以外の国でも旧正月前後に長期休暇を取得して旅行をする人が多くなり、宿泊代が上がったり、航空券や列車、バスのチケットも入手困難となったりします。

旧正月の風習がある国は以下10カ国になります。

中国・香港・台湾・韓国・ベトナム・シンガポール・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・モンゴル

旧正月というと、2月あたりのイメージがありますが、旧暦と新暦(太陽暦)では日にちにズレがあるため、その年によって変わってきます。年明けの1月中旬から2月にかけては、丁度料金が安くなる時期ですが、これら10カ国のどこかに行くなら、必ず旧正月の時期をチェックしておきましょう。

 

ヨーロッパ 

ヨーロッパに行くときは、航空運賃代が安くなる時期は国内旅行と基本的には同じです。安さで言えば冬が一番安くなりますが、緯度が高い地域は日照時間が短くなるので気をつけましょう。家族で過ごすクリスマス以降、ニューイヤー時期はヨーロッパ国内での旅行者も増えるので、年をまたぐ日程であれば費用もかかります。また、ヨーロッパの宿泊料は、カーニバルやツールドフランス、パリ・ミラノコレクションといった大規模イベントがある時は跳ね上がります。宿泊費もなるべく抑えたい場合は、これらのイベント時期を外すようにしましょう。

 

オンシーズンでも少しでも安く行く方法は?

04

オフシーズンでは中々休みが取れない、という人も多いと思います。また、行きたい時期がピークシーズンでどうしようもないということもありますよね。そんな時は、少しでも料金が安くなるよう以下の方法を活用してみましょう。

 

早くチケットの予約する

航空券をお得に購入するなら、早めの予約が断然お得になります。各航空会社には、75日前や55日前に予約すると運賃が安くなる「早期購入割引サービス」があります。

例)JALでウルトラ先得(75日前)で予約した場合

東京-大阪間

普通運賃 25,200円

ウルトラ先得 7,850円~13,250円

※JAL公式ホームページにて2019年2月調査時点で搭乗日を2019年522日で調査

75日前だと約1万円以上安くなります。旅行の予定が決まっている場合は、なるべく早く予約を取るようにしましょう。

 

平日に出発日・帰着日を設定する 

航空券は曜日によって料金が変わってきます。一般的に安くなりやすいのは月~木曜なので、有給を使って平日に出発日・帰着日を上手く設定すれば、オンシーズンでも少し料金を抑えることができます。

 

まとめ

安く旅行に行くには、カレンダー上の休みや大型連休、長期休暇シーズンを避けた時期を狙いましょう。また国内が安い時期でも、海外旅行の場合は国の風習によって高くなることもあるので、注意が必要です。

安くなる時期・方法を知って、お得な旅行を楽しんでくださいね。

  

トラベリスの旅コラム 記事一覧ページへ戻る

トラベリスの旅コラム 記事一覧ページへ戻る