格安航空券・飛行機チケット・LCC予約

成田空港~沼津間の移動手段をバスを中心に比較!

成田空港~沼津間の移動手段をバスを中心に比較!

静岡県の伊豆半島から富士市にかけて位置する沼津。静岡県全般に言えることですが、この場所から海外や国内各地の移動は、静岡にある富士山静岡空港を利用するよりも首都圏にある空港から直接いく方が便利なケースもあります。今回は国際線はもちろんLCCも多く就航する成田空港を沼津から利用する場合や逆に成田空港から沼津に行くルートを便利な直通バスを中心に紹介します。

この記事は2018年11月17日時点の情報をもとに執筆しています。

成田空港~沼津間のバスの料金や時間は?

成田空港~沼津を行き来する高速バスは、京成バスと富士急バスが運行しています。

沼津⇒成田空港は、沼津駅発が4:30と10:10の2便、成田空港⇒沼津は、成田空港第3ターミナル発が10:25と17:55、成田空港第2ターミナル発が10:30と18:00、成田空港第1ターミナル発芽10:35と18:05の2便運行しています。
料金は4,600円(小児2,050円)で、所要時間は約3時間30分前後となっています(※所要時間は成田空港のターミナルによって5分づつ変わるのと、交通状況によって前後します)。

運行本数は少ないながら、多くの国際線とLCCが就航する成田空港をダイレクトにアクセスできるのは有り難いもの。

成田空港の出発と到着時刻によりますが、この時間を考慮してスケジュールを組めば、乗り換えの手間なくアクセスできるので、ぜひ確認しておいてください。

成田空港~沼津間のバスの料金や時間は?

成田空港~沼津間のバスに予約は必要?注意点は?

この成田空港~沼津間を結ぶ高速バスですが、注意点がいくつかあります。

まず、バスなので当然道路状況によって時間が前後するので、スケジュールに余裕を持った行動が必要です。

そして、乗車に際しての予約について、成田空港発の便は予約不要の先着順ながら、沼津駅発の便に関しては前日の18:00までに予約が必要になります。
ですので、成田空港から沼津に向かう際は先着順乗車のため、仮に満員の場合、別の交通手段を利用する必要があり、逆に沼津からは予約制なので予約を忘れないようしないといけないのと、当然その手間が発生しますし、予約のキャンセル時には手数料もかかります(当日座席が空いていれば現金で乗車することができます)。

また、預けられる荷物もスーツケース1つ程度になっていますので、大量の荷物がある場合は、あらかじめ宅配便などを利用する必要があります。

乗降場所についても若干の注意が必要で、成田空港第1ターミナルの乗降場所が南口になるので、北ウイング利用の場合は、そのまま近くの入り口に入らないよう注意が必要です。
ちなみに、沼津駅の乗降場所は北口すぐの2番のりば、成田空港第2ターミナルの条項場所は11番のりば、成田空港第3ターミナルの条項場所は7 番のりばになります。事前にここも確認しておきたいところです。

上記を一般的なバス乗車時のマナーなどとあわせて注意してくださいね。

成田空港~沼津間のバス以外の移動手段は?

ここまで、成田空港~沼津間の直通高速バスについて見てきましたが、成田空港~沼津間のバス以外のアクセスについても触れておきます。

成田空港~沼津間の直通バス以外のアクセスとしては、成田空港から成田エキスプレスやその他電車、高速バスなどで東京駅に一度向かい、そこから鉄道で沼津駅に向かう方法になります。

成田空港から東京駅へは直通路線は、
空港バスの「THEアクセス成田」、「東京シャトル」、「有楽町シャトル」、「リムジンバス」が運行しており、
電車は前述の「成田エキスプレス」があります。

それぞれの運賃と所要時間を以下にまとめました。


成田エキスプレス利用の場合はそのままJR線で沼津に行くことになるので、料金はトータルで新幹線利用で三島駅経由の場合がIC利用7,220円、東海道線利用の場合は5,220円になります。

ちなみに電車移動の場合、料金は私鉄+JRを乗り継いだ、成田空港⇒京成高砂⇒日暮里⇒上野(もしくは東京)⇒熱海⇒沼津のルートで、IC利用3505円(所要時間約3時間30分~3時間45分)が最安値になりますが、乗り換えが多くなるため荷物などとの相談になると思います。

まとめ

ここまで、成田空港~沼津間の高速バスを中心にアクセスを見てきました。

成田空港~沼津間の直通高速バスは、乗り換えもなく確かに便利ですが、運行本数が1日2便ととても少なく、旅程がきっちり当てはまる時以外は利用が難しいので、事前のスケジューリングが求められます。

もし、その直通高速バスが利用できない場合、電車か電車+バスでの移動となりますが、早さを優先するのか、費用を優先するのかで、どのルートを使うか変わってきそうです。

ご自身の状況を念頭にベストな移動手段を選んでくださいね。
トラベリストの旅コラムバナー