粟国行きの格安航空券・飛行機チケット・LCCの予約ならトラベリスト

粟国行き航空券を今すぐ検索

出発空港
到着空港
出発日
最安値を検索する
親切・丁寧なサポート体制!

粟国行きの航空券の出発地を選択する

    粟国行きの便を運行している航空会社

      粟国周辺の観光スポットについて

      マハナ

      マハナの写真

      1

      島の最西端の広場を「マハナ」といいます。島言葉で「最も端」という意味です。マハナには、沖縄独特の「むんじゅる笠」をかたどったかわいらしい屋根の展望台があります。海抜90mですが、遮るものがないロケーションのため、西には久米島、南には慶良間諸島、東には、沖縄本島を望むことができます。東シナ海を一望し、水平線が湾曲して見えるので、地球の丸さが実感できるワイドビューが堪能できます。粟国島一番の景勝地として、観光客が必ず足を運ぶ場所です。夕暮れには、壮大なサンセットパノラマが繰り広げられ、夜には、沖縄本島の夜景が鮮やかに浮かび上がります。渡り鳥などもやってくるので、絶好のバードウォッチングポイントとしても有名です。

      筆ん崎

      筆ん崎の写真

      2

      マハナを頂上にする筆ん崎(ふでんざき)は、長年にわたって浸食され、垂直に切り立った絶壁がダイナミックに広がる場所です。霧島火山帯に属する火山島である粟国島は、火山堆積物によって構成されています。それがよくわかるのが筆ん崎です。崖は、沖縄で唯一の大規模な「凝灰岩地層」が広がります。玄武岩の黒、火山灰でできた凝灰岩の白、酸化によって変色した赤といったカラフルな地層が目に鮮やかです。火山灰が固まってできたため、柔らかな地質は、今も波や風によって浸食され続けています。干潮時になると、岩場を歩いて筆ん崎を正面に見る場所に行くことも可能です。大自然の圧倒的な造形美を堪能することができます。

      Photo byTetsuji Sakakibara

      ヤマトゥガー

      ヤマトゥガーの写真

      3

      島の南西部に、大きな岩が真っ二つに割れたような場所があります。これを島言葉で「ヤマトゥガー」といい「神秘的な岩」という意味を現します。東ヤマトゥガーと西ヤマトゥガーがあり、とくに東ヤマトゥガーは、力強い大岩が迫ってくる迫力があり観光スポットとして多くの人が訪れます。人がやっとすれ違えるほどの幅1mの狭い岩の割れ目を抜けると、筆ん崎を望む海岸に出ることができます。ここには、昔、真水の湧き出る泉があり、ポンプで水を村まで引き上げていた施設が残されています。西ヤマトゥガーは、筆ん崎へと向かう海岸線にあるため、満潮時には海で道が閉ざされてしまうので注意してください。

      ウーグの浜(長浜ビーチ)

      ウーグの浜(長浜ビーチ)の写真

      4

      粟国島唯一の海水浴ができるビーチです。島の最東端に位置し、1㎞に渡ってまばゆいばかりの白砂の海岸が続きます。驚くほどの透明度を持ち、エメラルドグリーンに輝く海とのコントラストは見事としか言いようがありません。また南海の孤島ならではの、人の手が加えられていないビーチは、観光シーズンでも人が少なく、ひとり占めしたような贅沢さです。トイレやシャワー、更衣室も完備されているので、安心して海水浴が楽しめます。海に入るとすぐに小さな熱帯魚と出会えるので、ダイビングやシュノーケリングで海中散策するのにもうってつけのポイントです。島の東側に位置するので、サンセットポイントとしてもおすすめです。

      観音堂

      観音堂の写真

      5

      粟国島に船で入港するときに、赤い鳥居が目に入ります。これが観音堂です。約300年以上前にできた建物で、島の人たちは「クゥンヌル」と呼んでいます。鳥居があるにもかかわらず、観音堂と呼ばれ、さらに建物は琉球様式になっており、さまざまな文化が交じり合った信仰の場といえるでしょう。町役場の前に拝所があります。この観音堂には、沖縄で最古の「梵字碑」があり、学術上貴重な文化財として大切に保管されています。島の人たちにとって観音堂は、島から出て戻った時、島の外で生まれた子供が初めて島に訪れたときなどに拝みにくる場として、心のよりどころにもなっています。粟国島を訪れたら、まずは島の神様に「よろしくお願いします」とご挨拶しましょう。

      沖縄海塩研究所

      沖縄海塩研究所の写真

      6

      「粟国の塩」といえば、高級料亭などに使われるブランド塩です。日本だけでなく、世界の一流シェフも絶賛する美味しさだといいます。この高級塩を生産しているのが沖縄海塩研究所です。島の最北部の海岸沿いにたたずむ沖縄海塩研究所は、独特の外観をしています。立体式塩田タワーとなっており、ここで海水をくみ上げて太陽熱と壁の穴から吹き込む潮風によって塩分濃度を濃くしていき、最終的に塩になります。沖縄海塩研究所は、最初は、読谷村にありましたが、人口の増加や環境汚染のため、この粟国島に移転してきました。この島の手つかずの自然は、ミネラルたっぷりの塩を作るのに最適な環境だそうです。ここでは、手間暇かけた塩づくりの工程を見学することができます。

      Photo byYoshihiro HIRANO

      粟国空港のお役立ち情報 市内へのアクセス方法

      粟国空港総合案内
      098-988-2313
      粟国空港公式サイト
      http://www.pref.okinawa.jp/airport/index/ag/aguni00.htm
      粟国空港からの交通アクセス
      徒歩
      • 長浜ビーチまで30分
      • 粟国村中心部まで約40分
      • フェリー湊まで約40分
      • 長浜ビーチまで約5分
      • フェリー湊まで約5分

      沖縄のその他の空港

      人気の区間から格安航空券を探す

      • 札幌(新千歳)発
      • 羽田発
      • 成田発
      • 東京発
      • 名古屋(中部)発
      • 伊丹発
      • 関西発
      • 大阪発
      • 神戸発
      • 福岡発
      • 沖縄(那覇)発

      全国の空港から格安航空券を探す

      航空会社から格安航空券を探す

      • JAL(日本航空)
      • ANA(全日空)
      • ピーチ(Peach)
      • ジェットスター(Jetstar)
      • バニラエア(Vanilla Air)
      • エアドゥ(AIR DO)
      • スカイマーク(SKYMARK)
      • スターフライヤー(Star Flyer)
      • ソラシド エア(Solaseed Air)
      • FDA(フジドリームエアラインズ)
      • 春秋航空日本(Spring Japan)
      トラベリストの旅コラムバナー